Sony

ニュース

黒地に真っ赤な「アヒルの首」…上海の地下鉄駅をジャックした奇抜な広告、波紋呼びすぐ撤去される―中国

  • 2017年 07月18日 00時40分
  • 提供元:Record China
16日、澎湃新聞は、先日上海地下鉄の人民広場駅に出現した食べ物広告が、市民の間で物議を醸したと報じた。

写真拡大

16日、澎湃新聞は、先日上海地下鉄の人民広場駅に出現した食べ物広告が、市民の間で物議を醸したと報じた。

2017年7月16日、澎湃新聞は、先日上海地下鉄の人民広場駅に出現した食べ物広告が、市民の間で物議を醸したと報じた。



14日に人民広場駅を訪れてみると、地下鉄8号線コンコース一帯が、黒地に赤い手書き風文字が無造作に書かれた「絶味鴨●」(●はにくづきに悖のつくり、アヒルの首肉を醤油や香辛料などで煮込んだもの)の広告一色になっていた。また、同駅の地下鉄2号線コンコースのほか、隣の南京西路駅にも同じ広告が出現した。



目を引く色彩の広告がコンコース内を「占領」したことについて、多くの乗客は好意的に受け止めている。70代の市民は「格好いいではないか」と語り、若い女性も「今流行している言葉が書かれている。とてもオシャレでいい」と感想を述べた。



一方で「第一印象で何とも言えない不快感を覚えた。うまく言えないのだが、目障り」「低俗的な言葉が並んでいるので、子どもに見せるのが特に心配」「これは広告と言えるのか」という否定的な声も出ている。さらに、ネット上では「この広告、見た目がホラーゲームみたいだな」「血の色で書かれた、文字だらけの広告は、不安感を抱かせる」との意見も見られた。



波紋を呼んだこの広告だが、翌15日に再び人民広場駅を訪れてみると、全て撤去されていた。関係者は「今は社会文化が多様化し、創意もますますオープンになっている。広告自体が法律や法規に違反しているわけではないが、市民のフィードバックや意見を重んじ、全て撤去することにした」と説明している。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

急ピッチで進める東京五輪会場の建設、23歳...

2017年7月23日、中国メディアの新華網が、東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の建設で、23歳の現場監督が自殺したと伝えた。 記事によると、長期間にわたり徹夜での残業が続いたため、この男性は徐々に精神的に追い詰められていったという。今年3月...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画