Sony

ニュース

STU48岡田奈々ら、肝炎啓発イベントに参加

  • 2017年 07月27日 16時55分
  • 提供元:時事ドットコム

音量調整は、動画プレーヤー内の音量調整ボタンを使用して行ってください

肝炎の早期発見と治療を啓発するイベント「知って、肝炎プロジェクト Save The Life 2017」が行われ、スペシャルサポーターを務めているAKB48グループからSTU48の岡田奈々(AKB48と兼任)、岩田陽菜、藪下楓が出席した。B型肝炎およびC型肝炎は感染を放置すると肝硬変や肝がんに進行する危険性があるが、国内では約100人に1人が肝炎に感染していると推定されている。岡田は「AKB48グループは300人を超えているので、グループの中にも3人以上いるかもと思ったら怖い。検査の重要性を知ることができてよかった」と話した。同イベントには厚生労働省・肝炎総合対策推進国民運動の特別参与を務める杉良太郎、肝炎対策特別大使の伍代夏子、肝炎対策大使でテーマソングの制作を担当した小室哲哉らが参加し、「早めに検査を受けてほしい」と訴えた。
出席者:杉良太郎、伍代夏子、小室哲哉、STU48(岡田奈々、岩田陽菜、藪下楓)、高橋みなみ 他

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画