Sony

ニュース

夏の夜空彩るペルセウス座流星群、出現ピークへ

  • 2017年 08月10日 18時55分
  • 提供元:読売新聞
 夏の夜空を彩る「ペルセウス座流星群」が、12日夜から13日早朝にかけて出現のピークを迎える。
 今年は、明るい月が出ており、見える流れ星は例年より少なくなりそうだ。
 国立天文台によると、流星は12日午後9時頃から見えやすくなり、13日午前4時頃に最も多くなる。周囲が暗く条件がいい場所では、1時間当たり35個ほどの流星が見えるという。
 流星の起点となる「放射点」は北東の方角だが、同天文台のあがた秀彦普及室長は「流星はどの方角にも現れる。放射点にこだわらず、月が視界に入らないようにして空を広く見渡すと見つけやすい」と話す。
 同天文台では、流星の見えた数などを報告してもらう企画を行う。詳しくは特設サイト(http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201708-perseids/)まで。

関連ニュース

関連写真

多細胞動物の出現、藻の大発生が後押しか 研究

【AFP=時事】地球上の生命の進化が30億年近くの間、単細胞の段階でほぼ足踏み状態を続けていた結果、海の中は細菌類で満ちあふれることとなった──。だがその後、赤道付近の海でも厚さ2キロに及ぶ氷が張っていた地球の全球凍結が約6億5000万年前に融解し...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画