Sony

ニュース

小惑星、10月中旬に地球最接近 衝突の恐れなし

  • 2017年 08月11日 06時52分
  • 提供元:AFPBB News
欧州宇宙機関(ESA)が公開した近地球型小惑星「2012 TC4」(中央)の画像(2017年8月10日公開)。©AFP=時事

写真拡大

欧州宇宙機関(ESA)が公開した近地球型小惑星「2012 TC4」(中央)の画像(2017年8月10日公開)。©AFP=時事

【AFP=時事】欧州宇宙機関(ESA)は10日、家1軒ほどの大きさの小惑星が10月12日、地球に接近すると発表した。月の軌道の内側を通過するものの、地球に危険が及ぶ可能性はないという。

 ESAによると、小惑星は地球から約4万4000キロの位置まで接近。これは地球から月までの距離の約8分の1に相当する。静止衛星は高度約3万6000キロの位置にあるため、小惑星と衝突する恐れはない。

 ESA地球近傍天体研究チームのデトレフ・コシュニ―(Detlef Koschny)氏はAFPの取材に対し、「この天体が地球に衝突する可能性は、確実にない」と述べている。

「2012 TC4」と呼ばれる小惑星は、2012年10月に初めて地球付近を通過。その際の最接近距離は今回の2倍ほど。小惑星の直径は約15~30メートルで、発見時の移動速度は秒速14キロだった。

 小惑星が今年地球に再接近することは予測されていたが、最接近時の距離ははっきりしていなかった。
【翻訳編集】AFPBB News

関連ニュース

関連写真

多細胞動物の出現、藻の大発生が後押しか 研究

【AFP=時事】地球上の生命の進化が30億年近くの間、単細胞の段階でほぼ足踏み状態を続けていた結果、海の中は細菌類で満ちあふれることとなった──。だがその後、赤道付近の海でも厚さ2キロに及ぶ氷が張っていた地球の全球凍結が約6億5000万年前に融解し...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画