Sony

ニュース

水力発電「京」で効率化…半日先の降雨量予測で

  • 2017年 08月11日 10時57分
  • 提供元:読売新聞
 東京電力ホールディングスと理化学研究所は、理研のスーパーコンピューター「けい」(神戸市)で、水力発電の発電量を上げる研究を始めた。
 京が半日先までの降雨量を高精度で予測し、水量に応じてダムの開閉を無駄なく行う新システムを開発する。
 2020年以降に東電の全ての水力発電所に導入を目指し、一般家庭約4200軒分の年間消費電力に相当する1500万キロ・ワット時を生み出すのが目標という。
 ダムは、河川の水位の高低差を利用して発電。降雨が続いて河川の増水が見込まれると、水位を安全に保つための放水に切り替え、発電を止める。水位が安定すると発電を再開する。
 操作は、一般の気象情報や自社の雨量計、河川流量計の数値を解析して予測した水位に基づいている。精度良く予測できるのは3時間先までで、発電の停止、再開のタイミングがずれて、本来見込める発電量を失っているという課題があった。

関連ニュース

関連写真

多細胞動物の出現、藻の大発生が後押しか 研究

【AFP=時事】地球上の生命の進化が30億年近くの間、単細胞の段階でほぼ足踏み状態を続けていた結果、海の中は細菌類で満ちあふれることとなった──。だがその後、赤道付近の海でも厚さ2キロに及ぶ氷が張っていた地球の全球凍結が約6億5000万年前に融解し...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画