Sony

ニュース

NYダウ終値、14ドル高の2万1858ドル

  • 2017年 08月12日 09時44分
  • 提供元:読売新聞
 【ニューヨーク=有光裕】11日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)は前日比14・31ドル高の2万1858・32ドルと4日ぶりに値上がりして取引を終えた。
 同日発表された米国の7月の消費者物価指数が市場予想を下回り、物価の伸び悩みで景気が過熱しそうにないことから、市場では米連邦準備制度理事会(FRB)による追加利上げが遠のき、投資家が低金利で資金を借り入れて株式に投資しやすい環境が続くとの見方が広がった。ただ、朝鮮半島情勢の緊迫化を警戒した売り注文もあり、上げ幅は限られた。
 IT企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は、39・69ポイント高の6256・56だった。

関連ニュース

関連写真

地域格差さらに拡大、橋1本渡れば月給3万円増

今年度の最低賃金(時給)の改定額が17日、全都道府県でまとめられ、平均で25円(3%)引き上げられることになった。  賃上げに伴い、非正規労働者の待遇改善が進む一方、地域間の格差が広がり、中小企業からは悲鳴が上がっている。  徳島市の駐車場で早朝...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画