Sony

ニュース

うつ・認知症克服へ、日米欧で脳科学を共同研究

  • 2017年 08月12日 15時07分
  • 提供元:読売新聞
 政府は来年度から、認知症やうつ病など世界共通の課題となっている精神・神経疾患の克服を目指し、脳科学の日米欧共同研究に乗り出す。
 来年度は国内の研究体制の構築や研究データの整理を進め、2019年度から5年間にわたり、本格的な共同研究を実施する。
 神経回路の働きなど複雑な脳機能の全容解明には、膨大な画像データの分析や動物実験が必要で、国や地域ごとの研究では限界があると指摘されてきた。このため、16年5月の伊勢志摩サミットでは、日米と欧州連合(EU)が、それぞれの強みを生かした国際連携の必要性を確認していた。
 日本はチンパンジーなどの霊長類の脳研究や、マウスなどの脳の遺伝子操作の技術で世界をリードしてきた。米国は患者の脳画像データの蓄積や分析が進んでいる。米国立衛生研究所(NIH)などの政府系研究機関と、ベンチャー企業をはじめとする民間との連携も盛んだ。欧州では、磁気共鳴画像(MRI)や陽電子放射断層撮影(PET)など、脳を観察する技術を使った装置の開発が進んでいる。

関連ニュース

関連写真

多細胞動物の出現、藻の大発生が後押しか 研究

【AFP=時事】地球上の生命の進化が30億年近くの間、単細胞の段階でほぼ足踏み状態を続けていた結果、海の中は細菌類で満ちあふれることとなった──。だがその後、赤道付近の海でも厚さ2キロに及ぶ氷が張っていた地球の全球凍結が約6億5000万年前に融解し...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画