Sony

ニュース

  • 2017年 08月12日 08時06分
  • 提供元:共同通信 47NEWS
真夏の夜の風物詩「ペルセウス座流星群」が見頃を迎えた。国立天文台によると、13日未明のピークほどではないが、天気が良ければ14日未明にも、ある程度の数の流れ星を見ることができそうだ。 ペルセウス座流星...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

多細胞動物の出現、藻の大発生が後押しか 研究

【AFP=時事】地球上の生命の進化が30億年近くの間、単細胞の段階でほぼ足踏み状態を続けていた結果、海の中は細菌類で満ちあふれることとなった──。だがその後、赤道付近の海でも厚さ2キロに及ぶ氷が張っていた地球の全球凍結が約6億5000万年前に融解し...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画