Sony

ニュース

ジェットコースターにはねられ2人死傷…大分

  • 2017年 08月13日 01時53分
  • 提供元:読売新聞
事故が起きた木製ジェットコースター「ジュピター」(12日午後6時20分、大分県別府市の城島高原パークで)=瀬戸聡仁撮影

写真拡大

事故が起きた木製ジェットコースター「ジュピター」(12日午後6時20分、大分県別府市の城島高原パークで)=瀬戸聡仁撮影

 12日午後3時半頃、大分県別府市の遊園地「城島高原パーク」で、木製ジェットコースター「ジュピター」の点検作業をしていた男性2人が試運転中の車両にはねられた。
 施設のメンテナンスを請け負っている会社の社員大久保崇さん(44)(大分市中戸次)が死亡、遊園地社員の男性(45)が全身打撲などの重傷を負った。コースターは無人で、来園者にけがはなかった。県警は業務上過失致死傷の疑いもあるとみて捜査する。
 遊園地によると、2人はスタート地点から約150メートルのところでレールの点検などをしていた。重傷の男性ははねられた後、約2メートル下の地面に転落した。
 車両は24人乗りで、7月に導入されたばかり。この日は、コースターの待ち時間を短縮するため、二つの車両を同時に走行させる運行方法に変更することを決め、そのための試運転の最中だった。

関連ニュース

関連写真

女性1000人が灯籠踊り、浴衣姿で優雅な舞

熊本県山鹿市の夏の風物詩「千人灯籠踊り」が16日夜、山鹿小グラウンドで行われた。  浴衣姿の女性約1000人が、金色に輝く和紙づくりの「金(かな)灯籠」を頭に載せ、優雅な舞を披露した。  15、16日に開かれた「山鹿灯籠まつり」のメイン行事。古代...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画