Sony

ニュース

厚労省局長、腹に複数刺し傷…弟が容疑認める

  • 2017年 08月13日 08時51分
  • 提供元:読売新聞
 東京都港区高輪のマンション一室で12日、厚生労働省関東信越厚生局長の北島智子さん(56)(港区高輪)が刺されて死亡した事件で、北島さんは腹を複数回刺されていたことがわかった。
 警視庁高輪署は、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した北島さんの弟(52)の容疑を殺人に切り替えて調べている。
 発表によると、弟は同日午前5時20分頃、自宅の居間で、北島さんの腹を包丁(刃渡り約13センチ)で複数回刺して殺害しようとした疑い。北島さんは病院に搬送されたが、出血性ショックで死亡した。検視の結果、北島さんの腹には複数の刺し傷があった。弟は調べに対し、「私がやりました」と容疑を認めている。

関連ニュース

関連写真

関東各地大荒れ…花火大会で落雷、9人搬送

湿った空気が上空に流れ込んだ影響で関東全域は19日、大気が不安定となり、局地的に雷を伴う激しい雨になった。  東京都世田谷区では花火大会の会場近くで落雷があり、9人が搬送された。関東地方は20日以降も局地的に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画