Sony

ニュース

「連続殺人ゾウ」を射殺、インド

  • 2017年 08月13日 13時09分
  • 提供元:AFPBB News
インド東部ジャルカンド州で射殺されたゾウを囲む地元住民ら(2017年8月12日撮影)。©AFP=時事

写真拡大

インド東部ジャルカンド州で射殺されたゾウを囲む地元住民ら(2017年8月12日撮影)。©AFP=時事

【AFP=時事】インドで3月以降に15人の犠牲者を出した「殺人ゾウ」を射殺した同国随一のハンターが12日、その「狩り」の一部始終をAFPに語った。

 射撃の名手であるナワブ・シャファト・アリ・カーン(Nawab Shafat Ali Khan)氏は11日に当局から殺人ゾウの処分を依頼されて、その数時間後に見事仕留めたという。12日は「世界ゾウの日(World Elephant Day)」だった。

 カーン氏はゾウを至近距離で撃った。ゾウは倒れる前にその鼻を狩猟者たちに向けて振り回そうとしたため、カーン氏は2発目を放たざるを得なかったという。

「あの鼻が当たったら死んでいたかもしれない。危険な作戦だった」と、東部ジャルカンド(Jharkhand)州でゾウを仕留めたカーン氏は語った。

 問題のゾウは3月に東部ビハール(Bihar)州で4人を踏みつけて死亡させた後、隣のジャルカンド州へ移動してさらに11人の命を奪った。群れから外れ、迷子になったとみられている。

 今回の作戦が行われたのは少数民族パハリア(Paharia)人が暮らしている地域。インドの少数民族の居住地域の中で最も経済的に立ち後れた場所の一つとされている。

 森林当局者や村人など約100人が今回の狩猟作戦に参加したが、射撃が認められていたのはカーン氏だけだった。カーン氏はこれまでに政府が認可した狩猟作戦に24回参加していた。

 インド環境省は、危険な動物との遭遇により国内で毎日1人が死亡していると推定している。その大半の原因はゾウだという。専門家らによれば、人間の入植と工業化で森林がなくなる中、ゾウと人間の危険な遭遇は増加している。
【翻訳編集】AFPBB News

関連ニュース

関連写真

韓国の旅行会社が大量倒産する可能性も、文大...

2017年8月16日、海外網は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領誕生で期待された中韓関係の改善が進まず、航空会社や観光業界が苦境に立たされているとする、韓国メディアの報道を伝えた。 記事は「文大統領は17日で就任100日を迎える。当初韓国メデ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画