Sony

ニュース

GDP民間予測、平均2・6%増…4〜6月期

  • 2017年 08月13日 13時55分
  • 提供元:読売新聞
 内閣府が14日に発表する4〜6月期の実質国内総生産(GDP)速報値について、主な民間調査機関の予測が出そろった。
 12社の平均は年率換算で前期比2・6%増となり、6四半期連続のプラス成長となる見通しだ。
 各社の予測の範囲は3・6%増〜1・8%増。1〜3月期は年率換算1・0%増で、予測通りなら成長のペースが加速することになる。項目別では、GDPの約6割を占める個人消費は自動車や家電の販売が好調で、全社がプラスを見込む。設備投資は人手不足で省力化の動きが増えるとみられる。

関連ニュース

関連写真

地域格差さらに拡大、橋1本渡れば月給3万円増

今年度の最低賃金(時給)の改定額が17日、全都道府県でまとめられ、平均で25円(3%)引き上げられることになった。  賃上げに伴い、非正規労働者の待遇改善が進む一方、地域間の格差が広がり、中小企業からは悲鳴が上がっている。  徳島市の駐車場で早朝...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画