Sony

ニュース

「パート3に出たい」アンディ・ラウ絶賛、中国で最も売れた映画「戦狼2」にラブコール―中国

  • 2017年 08月13日 17時30分
  • 提供元:Record China
12日、中国で最も売れた映画となった「戦狼2」について、香港の俳優アンディ・ラウが「パート3に出たい」と語っている。写真は「新少林寺」のアンディ・ラウ(左)とウー・ジン(右)。

写真拡大

12日、中国で最も売れた映画となった「戦狼2」について、香港の俳優アンディ・ラウが「パート3に出たい」と語っている。写真は「新少林寺」のアンディ・ラウ(左)とウー・ジン(右)。

2017年8月12日、中国で最も売れた映画となった「戦狼2」について、香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が「パート3に出たい」と語っている。新浪が伝えた。



アクション俳優のウー・ジン(呉京)が監督&主演の「戦狼2」は、先月27日の封切りから数字をぐんぐん伸ばし、今月8日には興行収入34億元(約558億円)を突破。チャウ・シンチー(周星馳)監督の「人魚姫」(16年)を抜き去り、中国で最も売れた映画となった。さらに11日には同40億元(約655億円)を突破し、驚異的なヒット作となっている。



ウー・ジンと映画「新少林寺」(11年)で共演しているアンディ・ラウは、彼の成功を喜んでいる1人だ。台湾メディアのインタビューに答えたアンディ・ラウによると、ウー・ジンとは過去に香港の芸能マネジャーを通じて知り合ったといい、その時に「第二のジェット・リー(李連杰)」と紹介されたという。その後、ウー・ジンの仕事ぶりを見てきたというアンディ・ラウは、「とてもひたむきで真面目。こつこつと努力する人」と絶賛。「成功にはもちろん運も必要だが、その前に努力があってのこと。でないと誰も注目してくれない」と語った。



「戦狼2」に続くパート3については、すでに計画を持っていることをウー・ジン自身が語っている。これについてアンディ・ラウは、「ぜひ出たい。彼が主演で、僕はオオカミ役がいい」と出演オファー待ちをアピールしていた。(翻訳・編集/Mathilda)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

慰安婦扱ったドキュメンタリー映画、笑って見...

上海市内の映画館で14日、ドキュメンタリー映画「二十二」を見ながら笑っていた男性が周囲の観客とトラブルになった。「二十二」は、日本軍の慰安婦だったとされる中国で存命中の女性22人に取材して製作された作品。 「二十二」の制作では、広く一般から資金を...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画