Sony

ニュース

  • 2017年 08月13日 14時46分
  • 提供元:共同通信 47NEWS
男子50キロ競歩でゴール後、日の丸をまといポーズをとる(左から)銅メダルの小林快、銀メダルの荒井広宙、5位の丸尾知司=ロンドン(共同)

写真拡大

男子50キロ競歩でゴール後、日の丸をまといポーズをとる(左から)銅メダルの小林快、銀メダルの荒井広宙、5位の丸尾知司=ロンドン(共同)

【ロンドン共同】陸上の世界選手権最終日は13日、ロンドンのバッキンガム宮殿前付近の周回コースで競歩が行われ、男子50キロはリオデジャネイロ五輪3位の荒井広宙(自衛隊)が3時間41分17秒で銀メダル、小...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

スケート1000m、高木美帆が国内最高で初V

スピードスケート・全日本距離別選手権最終日(22日・長野市エムウェーブ)――女子1000メートルで、高木美帆(日体大助手)が1分14秒89の国内最高記録でこの種目を初制覇した。  小平奈緒(相沢病院)は、ゴール手前で転倒して失格となった。

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画