Sony

ニュース

広島・岡田が11勝目…DeNA浜口は7勝目

  • 2017年 08月13日 21時43分
  • 提供元:読売新聞
9回1死、阿部が通算2000本目の安打を放つ(捕手・会沢)(13日)=尾賀聡撮影

写真拡大

9回1死、阿部が通算2000本目の安打を放つ(捕手・会沢)(13日)=尾賀聡撮影

 広島4―1巨人(セ・リーグ=13日)――広島は一回、西川の適時打などで3点を先行。
 6回1失点の岡田が11勝目を挙げた。巨人は今村が崩れ、打線も六回のマギーの適時打による1点のみに終わった。
         ◇
 DeNA8―2阪神(セ・リーグ=13日)――DeNAは二回に倉本の2点打などで逆転し、その後は筒香の2打席連続本塁打などで加点した。左肩の違和感から復帰した浜口が7勝目。阪神は投手陣が崩れた。
         ◇
 中日7―2ヤクルト(セ・リーグ=13日)――中日が3カード連続勝ち越し。三回にゲレーロの3ランで勝ち越し、六回には福田の3ランで突き放した。ヤクルトは中日を上回る9安打を放つもつながりを欠いた。

関連ニュース

関連写真

巨人・内海、精彩欠き4失点…ツバメ連敗止める

ヤクルト4−3巨人(セ・リーグ=17日)――ヤクルトが接戦を制し、連敗を3で止めた。  二回に荒木の3ランなどで4点を先行し、継投で反撃をしのいだ。巨人は先発の内海が二回途中4失点と精彩を欠いた。           ◇  阪神5−4広島(セ・リ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画