Sony

ニュース

インドの病院、死亡した子ども64人に 酸素供給停止はあった

  • 2017年 08月13日 22時09分
  • 提供元:AFPBB News
インド北部ウッタルプラデシュ州ゴラクプルのババ・ラガフ・ダス病院の脳炎患者病棟で、子どもを治療する医療スタッフ(2017年8月12日撮影)。©AFP=時事

写真拡大

インド北部ウッタルプラデシュ州ゴラクプルのババ・ラガフ・ダス病院の脳炎患者病棟で、子どもを治療する医療スタッフ(2017年8月12日撮影)。©AFP=時事

【AFP=時事】インド北部ウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州ゴラクプル(Gorakhpur)の公立病院で入院中の子どもたちが相次いで酸素不足により死亡したとされる問題で、過去6日間に死亡した子どもは少なくとも64人に上ることが分かった。

 地元の警察当局者は13日、前日12日に新たに11人の子どもが死亡したと明らかにしたが、子どもたちの死因は酸素不足ではないと再度、強調した。

 インドのメディアは、小児科病棟での酸素不足が原因で10日と11日に子ども30人が死亡したと伝えており、吸入用酸素の代金が支払われていなかったために、業者が酸素供給を停止したとの報道もある。

 地元当局や医師らは公立病院において酸素供給が数時間、停止したことがあったのは認めたが、この間に死亡した子どもはおらず、子どもたちの死因は脳炎など疾患によるもので、酸素不足によるものではないと主張している。

 死亡した子どもたちの家族は、子どもたちが突然、酸素が欠乏して苦しみだし、パニックと混乱が起きたと反論している。ある父親は地元紙インディアン・エクスプレス(Indian Express)の取材に「病院に着くと小型のエアポンプを渡され、ずっと押し続けるようにと言われた。3時間半ずっと言われたとおりにした。翌日、息子は死んだと告げられた」と語っている。
【翻訳編集】AFPBB News

関連ニュース

関連写真

「日本の若者に正しい歴史を教え、謝罪を受け...

2017年8月17日、日本の若者に「日本軍慰安婦の強制動員の歴史」を知らせるため、自転車で日本の6都市を回った3人の韓国人大学生が話題となっている。 韓国日報によると、韓国の仁川大学に通う3人は16日、ソウルの日本大使館前で行われた水曜集会(慰安...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画