Sony

ニュース

仙台渡辺監督チームに喝!下位チーム順位気にしすぎ

  • 2017年 08月14日 01時01分
  • 提供元:日刊スポーツ
広島に勝利した仙台の渡辺監督(撮影・神戸崇利)

写真拡大

広島に勝利した仙台の渡辺監督(撮影・神戸崇利)

<明治安田生命J1:仙台1-0広島>◇第22節◇13日◇ユアスタ
 8戦ぶりの白星にも、ベガルタ仙台渡辺晋監督(43)は喜びを抑えた。
 後半6分にMF奥埜が挙げた先制ゴールが決勝点となり、6月4日ホーム甲府戦以来となる勝利をサポーターに届けた。「ほっとしてます。久しぶりの勝利なので。もっともっと勝って、みんなを勇気づけたり元気づけたりしなきゃいけない」と語った。
 17位広島から白星を取りこぼさなかったことは、今後の巻き返しにつながる。それでも指揮官は「最近、スタッフや選手も試合が終わると、下位チーム(の結果)を気にする。僕はそれがすごく嫌で、チーム全体のそういう雰囲気を払拭(ふっしょく)したかった。下を見ても何も落ちていない。上を向いていけるようにしたい」。目標のリーグ戦「トップ5」に向けて、気を引き締めていた。

関連ニュース

関連写真

神戸ポドルスキ不発…いら立ち渡辺千真にパス...

<明治安田生命J1:神戸0-0横浜>◇第23節◇20日◇ノエスタ  ヴィッセル神戸FWルーカス・ポドルスキ(32)がいら立ちを見せた。後半25分、パスを出さなかったFW渡辺に対して両手でパスを出すようにジェスチャー。怒ったようなしぐさでアピール...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画