Sony

ニュース

危険を顧みない中国人、パキスタンでビジネス―海外メディア

  • 2017年 08月31日 16時20分
  • 提供元:Record China
29日、ロイターは「中国のビジネスマンはパキスタンで商機を探っている」とする記事を掲載した。写真はパキスタン。

写真拡大

29日、ロイターは「中国のビジネスマンはパキスタンで商機を探っている」とする記事を掲載した。写真はパキスタン。

2017年8月29日、ロイターは「中国のビジネスマンはパキスタンで商機を探っている」とする記事を掲載した。星島環球網が伝えた。



中国が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に伴い、中国人ビジネスマンは今、一路パキスタンを目指している。パキスタンの2億人を超える市場に狙いをつけ、レストランや語学学校を開き、不動産や電気製品の売買に力を入れる。重慶出身、48歳のあるビジネスマンは「中国ではもうあらゆる業種が『飽和状態』だ。パキスタンの発展は中国より遅れているが、より多くのビジネスチャンスがある」と話す。



パキスタン外務省の関係者によると、パキスタンへは昨年、中国人約7万1000人が訪れた。ビザの発給件数は15年に比べて41%増え、多くの中国人は長期滞在が目的だ。一方、6月には過激派組織「イスラム国」のメンバーに中国人2人が殺害される事件も起きた。しかし、中国人の訪問減にはつながっていないようだ。



首都イスラマバードでは、3年前にはほとんど見かけなかった中国人が目に見えて増えてきた。中華料理店もあちこちに開店している。(翻訳・編集/大宮)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

韓国でタブー視される「旭日旗」、似たデザイ...

2017年10月21日、韓国で「日本の軍国主義の象徴」としてタブー視されている旭日旗。よく似たデザインの看板などに“過剰反応”するケースも相次いでいる。ニュージーランドでは韓国人男性が旭日旗のような柄がデザインされた車に生卵を投げつけた。旭日旗の悪...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画