Sony

ニュース

韓国の女子中学生リンチ事件、警察の消極対応で事態が悪化か=韓国ネット「警察は加害者も同然」「少年法を改正して法治国家をつくろう」

  • 2017年 09月05日 15時50分
  • 提供元:Record China
4日、韓国・釜山で起こった女子中学生による集団暴行事件で、被害少女は同じ加害者から2カ月前にも暴行を受けており、この被害を警察に届け出たことへの報復として今回再び暴行を加えられたとみられることが分かった。写真は韓国の交番。

写真拡大

4日、韓国・釜山で起こった女子中学生による集団暴行事件で、被害少女は同じ加害者から2カ月前にも暴行を受けており、この被害を警察に届け出たことへの報復として今回再び暴行を加えられたとみられることが分かった。写真は韓国の交番。

2017年9月4日、韓国・釜山(プサン)で起こった女子中学生による集団暴行事件で、被害少女は同じ加害者から2カ月前にも暴行を受けており、この被害を警察に届け出たことへの報復として今回再び暴行を加えられたとみられることが分かった。韓国・テレビ朝鮮などが伝えた。



被害者の女子中学生Aさんは今月1日、別の中学に通う女子生徒らから1時間にわたって暴行を受け、頭や背中にやけどなどの傷を負った。その後Aさんが血まみれでひざまずく写真がインターネット上で広まり、加害生徒らが警察に自首して事件はいったんは落ち着いたかにみえた。しかし事件の背景が次第に明るみになり、韓国社会にはなお波紋が広がっている。



目撃者などの話によると、Aさんは2カ月ほど前にも加害生徒らから暴行を受け、これを警察に届け出たことが今回の暴行の原因になったという。しかし当時、警察はAさんが家出少女だったことを理由に調査を行っていなかった。Aさんの母親も「電話でも話したし、直接警察にも行ってみたが『子どもが一緒に来なければ調査できない』という返事ばかりだった」と話す。



2度目の暴行となった今回も警察の消極的な対応は変わらず、事件の2日後になってようやく調査に乗り出したという。犯行現場の監視カメラの映像も、警察より先に事件を報じるメディアの記者が確保した。警察関係者は「3度も(現場となった建物を)訪ねたが、連絡がつかなかった」と釈明、また今回の事件が報復によるとみられることについても「暴行の理由は『生意気だ』『態度が良くない』など子どもたちの間にあるささいな理由であって、犯行の動機が具体的ではない」と話している。



今回の事件を受け、韓国大統領府のホームページには「少年法を改正し加害者を厳しく処罰してほしい」という請願が4万件以上寄せられているという。



事件に関する記事を合わせるとネットユーザーからは1万件に達するコメントが寄せられている。特に警察への批判の声が多く、「これだから警察は駄目なんだ。力ない者が警察でどんなに訴えても意味がない。人を選んで調査してる」「警察は加害者も同然」「働きたくなかったら退職したら?その地位に就きたい人が列を成して待ってるから」などのコメントが並んだ。



また、少年法についても「悪法は法とは言えない。改正して法治国家をつくろう」「少年法はもはや必要なさそう。加害者に不利な時だけ法を適用するのは間違ってる」と改正を強く望むの声が上がっており、中には「なぜ子どもたちは日に日に残忍になっていくのだろう」と警鐘を鳴らすユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

ロシア、通常の1000倍近い放射性物質検出...

【AFP=時事】ロシア・ウラル地方南部で通常の1000倍近い量の放射性物質が検出されたとの報告を受け、科学者らによる専門委員会が調査を開始することが分かった。ロシア国営原子力企業ロスアトム(Rosatom)が24日、明らかにした。  同国の原子力...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画