Sony

ニュース

「吉祥寺に、この犬と住むプロジェクト」始動! 第1弾は「フレンチブルドッグと住む家」

  • 2017年 09月06日 18時00分
  • 提供元:東京ウォーカー
「吉祥寺に、この犬と住むプロジェクト」始動! 第1弾は「フレンチブルドッグと住む家」

写真拡大

「吉祥寺に、この犬と住むプロジェクト」始動! 第1弾は「フレンチブルドッグと住む家」


住宅メーカーのミサワホームと、犬との暮らしを面白くプランニングする株式会社ONE BRAND、武蔵野地域の土地オーナーで構成されたプロジェクト「吉祥寺に、この犬と住むプロジェクト」が立ち上がった。同チームが手がける“犬と住む家”の第1弾は「フレンチブルドッグと住む家」。「ペット共生住宅」や「ペット可物件」は数多くあるが、その中でも犬種を限定した戸建賃貸物件は非常に珍しい試みだ。


【写真を見る】「吉祥寺に、この犬と住むプロジェクト」始動! 第1弾は「フレンチブルドッグと住む家」


「犬種特化型戸建て住宅」の第1弾は「フレンチブルドッグと住む家」。この家は、プロジェクトチームおよび第1弾のパートナーであるフレンチブルドッグの専門雑誌「BUHI」の監修のもと、“犬と住む家”から一歩進んだ“この犬と住む家”をつくろうをテーマに、実際にフレンチブルドッグと暮らす人たちのリクエストや暮らしのアイデアなどを取り入れながら、造り上げていく素敵でおもしろく、住みやすい家だ。


この「吉祥寺に、この犬と住むプロジェクト」のチームは、緑豊かで犬たちが喜ぶ、心地よい街・吉祥寺に今後も「この犬と住む家」を企画していく予定だ。飼い主にとって「うちの子と私にうれしい工夫」が詰まったプロジェクトから目が離せない。【ウォーカープラス編集部/小倉実咲】


【関連記事】

福士蒼汰、森永新CMで“あの犬”と再共演!首元なめられ「う~ん」

開店から8年目!吉祥寺の名物カフェ「カフェゼノン」が総来店客数80万人突破フェスティバルを開催

あらいぐまラスカルが可愛いパンに!“ラスカルベーカリー”が吉祥寺にオープン


関連ニュース

関連写真

2日間はレモネード無料提供! 「Brook...

レモネード専門店「Brooklyn Lemon(ブルックリン・レモン)」渋谷店では2017年10月28日と29日の2日間、各日先着30人にハロウィーン限定ドリンクを無料提供するイベントが実施されます。 暗闇でドリンクが光る!同店はシェフパティシエ・...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画