Sony

ニュース

  • 2017年 09月08日 08時28分
  • 提供元:共同通信 47NEWS
探査機ニューホライズンズが撮影した冥王星。下部にあるハート形の右上方(矢印付近)の地形が「はやぶさ大地」(NASA提供)

写真拡大

探査機ニューホライズンズが撮影した冥王星。下部にあるハート形の右上方(矢印付近)の地形が「はやぶさ大地」(NASA提供)

国際天文学連合は8日までに、冥王星にある大陸のような地形を、日本の小惑星探査機にちなんで「はやぶさ大地」と命名した。「小惑星の試料を初めて持ち帰った功績に敬意を表した」と説明している。 米航空宇宙局(...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

中性子星の合体、重力波とガンマ線を初めて同...

【AFP=時事】遠方の銀河で発生した超高密度の中性子星同士のすさまじい衝突を、世界で初めて観測に成功したとの研究結果がこのほど発表された。研究チームは、宇宙に存在する金の半分以上がこの種の衝突現象で作り出されたと結論づけている。  興奮に沸く研究...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画