Sony

ニュース

海外客船クルーズ、ブーム&身近に…101泊・400万円で世界1周も人気

  • 2017年 09月12日 06時50分
  • 提供元:Business Journal
ベストワンクルーズが扱っているクルーズの代表的ボート外観(ベストワンクルーズ提供)

写真拡大

ベストワンクルーズが扱っているクルーズの代表的ボート外観(ベストワンクルーズ提供)

 急加速し始めた日本のクルーズ・ビジネスを牽引するオンラインクルーズ・エージェント。その運営会社ベストワンクルーズの澤田秀太社長に、前回に引き続きアウトバウンドの外航クルーズの実情を聞いた。


●急成長を続けるクルーズ市場、ベストワンが外航クルーズで強み


――日本で外航クルーズ(出港地、寄港地、帰港地のいずれも日本国外)を手がけている主な旅行会社は、どんなところがありますか。


澤田秀太社長(以下、澤田) 総合旅行会社としては、JTBさんと阪急交通社さんが力を入れています。専業的な旅行会社としては、当社とクルーズプラネットさんが知られています。


――各社のクルーズ・ビジネスの規模は、どれくらいなのでしょうか。


澤田 JTBが100億円規模でトップ、これは日本船として世界1周クルーズを展開している飛鳥2【編注:正式表記はローマ数字】での売り上げが半分ほどあると見られています。飛鳥2は郵船クルーズが所有運航しています。


――阪急交通社の外航クルーズの新聞広告はよく目にします。ベストワンクルーズの売り上げ規模を教えてください。


澤田 年商などは非公開にさせていただいていますが、おかげさまで前年対比で30%増を続けています。


――成長が加速しているのですね。


澤田 はい。外航クルーズの分野ではマーケット自体が成長していますし、当社はおかげさまでマーケットの成長をしのぐ速度で成長させていただいています。


――どの分野が好調なのでしょう。


澤田 クルーズは、外航クルーズ(アウトバウンド)、訪日クルーズ(インバウンド:日本で就航、あるいは日本に寄港する海外船社のクルーズ)、国内クルーズの3つに大別されています。当社は、すべて扱っていますが、特に外航クルーズの伸びが大きくなっています。


 商品としての外航クルーズは3つに大別されます。(1)添乗員付きのパッケージ旅行、(2)添乗員が付かない募集型のパッケージ旅行、そして(3)FITといわれる個人旅行です。FITとはForeign Independent Tourの略で、お客様のご希望によりクルーズ、航空券、ホテルなどを組み合わせ発注します。当社の売り上げは(2)と(3)で大部分を占めています。


●オンラインに特化したビジネスモデル


――貴社の特徴や強みはどんなところにあるのですか。


澤田 おかげさまでインターネットに強い、というところです。クルーズに関してネットの広告、サイトのつくり込み、オンラインでの申し込みや決済システムなどに強みを発揮しています。これらを使っての個人旅行の分野に特化、傾注しています。


――社員構成は?


澤田 現在30名ほどです。そのうち、システム開発に5名ほどいまして、当社のシステムはすべて内製しています。


――他の社員の方は?


澤田 旅行オペレーション部門がほとんどです。オンラインに特化していますが、まだまだ電話やメールでの問い合わせがありますので、それらに対応する社員たちです。


――店舗は本社のここだけですか? 大阪など他のマーケットにも店舗展開するプランはありますか?


澤田 実は9月に本社を移転することが決まっています。しかし、当社は来店型の営業形態を志向していないので、駅の直近の場所に移転するわけではありませんし、支店を設ける予定もありません。あくまでオンラインで完結できるビジネスモデルでいきたいと思っています。


●ネットの強みでグローバル展開を目指す


――貴社は澤田社長が創業なさったのですか。


澤田 いいえ。私は新卒としては証券会社に勤務しまして、それから別の会社に勤務していたのですが、29歳の時に弊社の代表を引き継ぎました。それから5年、現在34歳です。


――5年間で急成長させたと。


澤田 おかげさまで、年商も社員数も10倍ほどになってきています。


――今後のビジネスの展開について聞かせてください。


澤田 日本からの外航クルーズの人数が今年の18万人から2020年には50万人に達するとみています。現在当社のシェアは4-5%だと想定していますが、このシェアをさらに伸ばしていけば、マーケットの伸びとの相乗効果で大きな成長が目指せると思っています。


――そのための戦略は?


澤田 当社はあくまでも現在の強みであるオンラインの集客と販売で勝負していこうと思います。そして、次に目指しているのが日本以外での集客です。


――インバウンドというわけですね。


澤田 それもあります。インバウンドの新規就航は海外の船社も含めて目白押しですが、それらの申し込みは取り込めていません。


――貴サイトは日本語だけですからね。


澤田 はい。ですから、ぜひサイトの多言語化を実現したい。世界のクルーズ人口は2,500万人を超えているといわれています。当社が対応できている日本人クルーズ人口は外航、国内合わせて25万人にすぎません。サイトを英語化して、世界のクルーズをサイトに取り組めば、99倍のマーケットに一挙に対応することができます。


――世界規模の英語版サイトがあるのですか?


澤田 はい、cruise.comというサイトが先行しています。このサイトは逆に日本語ではまだ使えません。


――当面の経営上の課題は?


澤田 旅行オペレーション部門の品質向上でしょうか。当社はオンライン志向ということもあり、電話やメール対応の面でご意見をいただくことがあります。また育成課題と併せて、お客様の急増に対応する人材採用、社員数の確保を行っていくのも、この人手不足の折、高い戦略性が求められると感じています。


――本日はありがとうございました。


澤田 新しいオフィスにも、ぜひ遊びにいらしてください。


●山田の感想


 外航クルーズの日本人旅客者数は、実は13年、14年と微減していた(「2015年の我が国のクルーズ等の動向について」国土交通省海事局外航課港湾局産業港湾課より)。それだけに、15年から始まり当面続きそうな急増から、15年が日本の外航クルーズの元年となったように私には見える。


 日本船社でも郵船クルーズが飛鳥2で、18年出発の世界1周クルーズを募集し始めた。横浜発着で101泊102日間のクルーズで正規募集の値段は400万円から2600万円にも上るという。そんなビジネスが成り立つような時代がやってきた。


 国内でも船ではないが、JR各社による豪華列車によるクルーズトレインが相次いで導入されて大変な人気を博しているなど、マーケットの素地が大きく成長している。


 日本政府も訪日クルーズ旅客数500万人の実現に向けて、国土交通省が「ニッポンクルーズ列島化計画」として、国際クルーズ旅客受入機能高度化事業(補助事業)を開始している。インバウンドのクルーズの伸びに対応するには、現在決定的に不足している10万トンクラスの客船が接岸できる港湾の整備が不可欠となっている。


 ベストワンクルーズは今、旅客オペレーションの質の向上、オペレータの確保に悩んでいる、とのこと。お勧めしたのは、質の向上を目指すより、それを放棄したらどうかという方策だ。つまり徹底的にオンラインだけで収束してしまうモデルを構築するか、外部コール・センターに外注してしまうかのどちらかである。


 いずれにせよ、マーケットの追い風と独自のビジネス展開で成長必須のベストワンクルーズである。澤田社長も34歳という若さだ。急成長するベンチャーであることは間違いないだろう。
(文=山田修/ビジネス評論家、経営コンサルタント)



【関連記事】


関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画