Sony

ニュース

本田圭佑、ウガンダのサッカークラブ買収の意図

  • 2017年 09月13日 14時27分
  • 提供元:日刊スポーツ
本田圭佑(17年7月18日撮影)

写真拡大

本田圭佑(17年7月18日撮影)

ウガンダのサッカークラブを実質的に買収したパチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が13日、ツイッターで買収の意図を次のようにつぶやいた。
 「何も分かってない人はお金稼ぎをしてると思ってるみたいやけど、サッカークラブ経営でお金稼ぐなんてほぼ無理やから。だから経営としてのリスクはあるけど、そんなことよりももっと大きな夢があるのよ」
 11日にマネジメント会社が、同社の子会社がウガンダのプロクラブを買収したと発表。本田のプロクラブ運営はオーストリアのSVホルン、カンボジアのソルティーロ・アンコールFCに続いて3カ国目で、ウガンダの首都カンパラを本拠地とする同国1部相当リーグのブライトスターズ。
 実質オーナー本田は、ウガンダにも足を運び、現地の様子をじっくり視察した上で、人材も送り込み、準備を進めた上で決断している。お金より、子どもたちに夢をという気持ちを強調した。
 今回の買収では、20年東京五輪にウガンダ代表として出場する選手を育成するのが当面の目標に設定している。

関連ニュース

関連写真

G大阪、ハリル御前試合で奮闘も公式戦4戦勝...

<明治安田生命J1:鹿島2-1G大阪>◇第27節◇23日◇カシマ  ガンバ大阪の代表組が、日本代表ハリルホジッチ監督が観戦した一戦で奮闘した。逆転負けはしたが「天皇杯敗退ショック」から立ち直った。  前半8分、相手FW土居のヘディングシュート...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画