Sony

ニュース

  • 2017年 09月13日 12時07分
  • 提供元:共同通信 47NEWS
世界自然遺産・白神山地の核心地域で、センサーカメラが捉えたニホンジカ=8月6日、青森県鰺ケ沢町(東北森林管理局提供)

写真拡大

世界自然遺産・白神山地の核心地域で、センサーカメラが捉えたニホンジカ=8月6日、青森県鰺ケ沢町(東北森林管理局提供)

環境省東北地方環境事務所は13日、世界自然遺産・白神山地(青森、秋田両県)の核心地域で、ニホンジカを初めて確認したと発表した。同地域はほとんど人の手が加わっていない重要なエリアで、ブナの原生林を食い荒...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

チバニアン、人呼ぶ磁場…見物客「勉強になる」

地質学で77万〜12万6000年前の時代区分が、国際的に「チバニアン(千葉の時代)」と命名される見通しとなり、その由来となった千葉県市原市の地層を一目見ようと、大勢の見物客が現地を訪れている。  命名が確実になって最初の日曜の19日は好天にも恵ま...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画