Sony

ニュース

魯迅と夏目漱石の対話フォーラム開催、両者の孫が出席し交流―浙江省

  • 2017年 09月13日 21時50分
  • 提供元:Record China
中国近代文学作家・魯迅と日本近代文学作家・夏目漱石の対話フォーラムが11日、魯迅の故郷である浙江省紹興市で開催された。

写真拡大

中国近代文学作家・魯迅と日本近代文学作家・夏目漱石の対話フォーラムが11日、魯迅の故郷である浙江省紹興市で開催された。

中国近代文学作家・魯迅と日本近代文学作家・夏目漱石の対話フォーラムが11日、魯迅の故郷である浙江省紹興市で開催された。新華社が伝えた。



中国と日本の現代文学に大きな影響を与えた二人。魯迅の孫にあたる魯迅文化基金会の秘書長・周令飛さんや夏目漱石の孫にあたる漫画批評家の夏目房之介さん、さらに、中日両国の文学研究専門家がフォーラムの開催地・紹興文理学院に集まり、夏目漱石の魯迅の作品に対する影響、夏目漱石と魯迅の東アジア文化圏における影響力、魯迅と夏目漱石の日中文化交流における役割、魯迅と夏目漱石の作品の日本における影響などをテーマに、対話・交流を行った。



紹興文理学院の王建力学長は、「魯迅と夏目漱石は共に中日両国の文化に注目し、その影響を受けていた。二人の作品は中日両国の読者に広く、深い影響を与えている。魯迅と夏目漱石は、中日両国文化(文学)の交流の象徴といえる。今回の中日文化交流フォーラムも、会ったことのない魯迅と夏目漱石が展開していた文化交流、対話を引き継いでいる」と語った。



今年は日中国交正常化45周年で、夏目漱石の生誕150周年にも当たるほか、中国新文学革命100周年でもある。周令飛さんは、「魯迅は、早い時期に夏目漱石の作品を翻訳して中国に紹介し、夏目漱石を非常に高く評価していた。特に不思議なのは、二人は同じ部屋に住んだことがある点。これは、中日は文学の面で密切な関係にあることを象徴しており、想像が無限に膨らむ」と語った。



夏目房之介さんは、「夏目漱石は中国語の古典書籍を熟読し、漢詩を作ることができたほか、書道も得意だった。中国、中国人に対しても敬意を持っていた。今回、魯迅と夏目漱石をめぐって、日中双方がいろいろなイベントを開催している。それらのイベントが両国の相互理解を一層促進することを心から願っている」と語った。(提供/人民網日本語版・編集KN)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

中国で民宿が20万軒超に、爆発的な成長―中...

中国の民宿数が急増、爆発的な成長を見せている。現時点でその数はすでに20万軒を上回り、前年同期比300%以上増と予想される。民宿業は、農村の経済成長や振興を後押しする面で、独自の効果を発揮している。新華社が伝えた。 中国旅遊協会民宿・ブティックホ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画