Sony

ニュース

体操界に遅れて来た“IT革命”――採点の常識覆す、富士通の挑戦

  • 2017年 09月14日 07時00分
  • 提供元:ITmedia NEWS
左から、 富士通 スポーツ・文化イベントビジネス推進本部 スポーツセンシングビジネス企画統括部長 兼 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 シニアディレクター 藤原英則さんと 富士通 応用研究センター ライフイノベーション研究所 所長 佐々木和雄さん

写真拡大

左から、 富士通 スポーツ・文化イベントビジネス推進本部 スポーツセンシングビジネス企画統括部長 兼 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 シニアディレクター 藤原英則さんと 富士通 応用研究センター ライフイノベーション研究所 所長 佐々木和雄さん

 「0.099」


 これが何の数字か分かるだろうか。


 2016年のリオデジャネイロ五輪、体操男子個人総合決勝で、内村航平選手が最終種目の鉄棒で逆転し、2連覇を達成したときの「2位との得点差」だ。その差、わずか0.099点。


 0.1点でも採点が違えば、メダルの色も変わっていたことになる。ただ、体操の「0.1点の差」が持つ重みは素人には実感しにくい。選手の演技を見ながら「ここで0.1点の差がついた」と分かる人は多くないはずだ。このシビアなジャッジは、複数の審判員が目視で行う。


 しかし、人間の目には限界がある。審判にもプレッシャーはかかるし、ときには選手や観客が判定を不満に思うことだってある。誤審も起こりうる。人間による採点は常に公平性が問われるもの。そんな悩みを抱える体操界に、“革命”が起きようとしている。


 それは“採点のデジタル化”だ。


 20年の東京五輪・パラリンピックで国内最高位スポンサー「ゴールドパートナー」となった富士通は、体操採点の常識を覆す「自動採点支援システム」の開発を進めている。スポーツ界にはなじみのない「3Dレーザーセンサー」技術で選手の動きを立体的に捉え、技を認識することで審判の採点を支援するものだ。


 体操は、「Dスコア」(演技の難しさ)と「Eスコア」(演技の出来栄え)を合算し、ペナルティーによる減点を加味した結果が最終的な得点となる。これまでは、審判員が演技の進行を見ながら手書きで採点シートに記入し、演技終了後に得点を計算。選手や監督から異議があったときのみ、上級審判員が録画された映像を見て「ビデオ判定」を行っていた。


 このビデオ判定にあたる部分を、自動採点支援システムに置き換える考えだ。「ITと聞くと、職を奪われるというイメージが強いかもしれないが、そうであってはいけないと思う。審判は同時に指導者でもある。体操界の発展を考えると、今のところ審判を減らす考えはない」(富士通 スポーツ・文化イベントビジネス推進本部 スポーツセンシングビジネス企画統括部長 兼 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 シニアディレクター 藤原英則さん)


 国際体操連盟や日本体操協会と協力し、体操界全体に革命を起こすかもしれないこの新システム。一体どこが革新的なのか。


●高速で複雑な選手の動きを数値で“見える化”


 自動採点支援システムは、富士通が自動車向けに開発していた「3Dセンシング」技術を活用している。230万点/秒の細かなレーザーを選手に向けて発射し、レーザーが返ってくるまでの時間から体の位置や体勢を捉えるという。人工知能(AI)技術の機械学習を使い、骨格の位置を推定。手足の位置や関節の曲がり具合などを導き出し、AIを使って、体操競技の動きをデータベース化した「技の辞書」と照合して採点する。選手の演技や、審判のジャッジ、観客の応援などを邪魔せずに高精度で正確な採点を実現した。


 これまで、選手の体にマーカーを付けて動きを測定するモーションキャプチャー技術を使ったこともあったが、演技に支障が出るため、実用化に至らなかった。3Dレーザーセンサーなら、2〜4台のカメラを設置するだけで済む。


 「採点には、抑えるべきポイントがある」と藤原さんは話す。重要なのは、肩、腰、脚のラインと器具のラインが平行になっているか、それを逸脱しているかなどで、ルールで細かく規定されている。そのラインの角度が15度以上ずれているかどうかなどを、今は審判の肌感覚で判定している。


 そこで、骨格の関節に番号を付け、「1番と3番がずれている」「ずれている角度が15度未満だから欠点(減点)は0点」など、誰にでも分かる形で数値化する方法を取った。


 しかし、体操競技の採点は非常に専門的で複雑なため、開発は骨の折れる作業の連続だ。約60人いるプロジェクトチームのメンバーは、何度も体操競技の練習場や審判講習会などに足を運び、採点方法を一から学んだ。


 先述した、骨格の番号付けや技の認識、減点に関わる部分も、テクニカルコミッティーという委員会と何度も確認を取りながら1つ1つ決めていく。「20年の東京五輪での実用化を目指し、より正確な判定ができるよう18年にかけてマニュアルを作っている最中」(藤原さん)


 また、日常生活ではあり得ないような、高速かつ複雑な体の動きを認識させるには、精度の面で困難さが伴うという。「もともとは趣味のゴルフに応用した3Dセンシング技術を体操にもと思ったが、体操の複雑な動きを測定する上での正解値がまだ分かっていない」(富士通 応用研究センター ライフイノベーション研究所 所長 佐々木和雄さん)


 「腕の曲がりが30度のとき、それが本当に30度と測定できているのか。空中回転、ひねりなど、普通でない動きも高精度に認識しないといけない。死角のないカメラ配置なども重要になる」(佐々木さん)


 これらが国際大会で実用化されれば、審判の負担は多少なりとも軽減され、選手や観客も採点に納得感が出るだろう。


 しかし、選手の動きを“見える化”することの恩恵は、これだけではない。私たち観客の観戦スタイルや、選手のトレーニングにも変革をもたらす。


●「見えないドラマ」の発見


 「視聴者も、知識がつけばより体操を楽しめますよね。今のテレビ中継の映像や解説に加え、リアルタイムで技の名前や選手がどれだけ高く跳んだかなどを付加情報として提供したい」(藤原さん)


 「会場にいる人は、みんな体操ファンなんですよ。テレビの視聴者が『なんかすごい回転だな』と思っている一方で、会場の人は着地の突き刺さり具合なんかを見ている」と藤原さんは笑う。知識のない人でも、動きを見える化することで体操がより楽しめるような新たな見方を提供する考えだ。


 リアルタイムで技名を表示させることで、結果的に負けてしまったとしても、「上位に食い込むためにあえて難しい技に挑戦し、失敗してしまったんだな」といった「これまで見えなかったドラマ」に気付くこともできる。「映像だけでは伝えきれないドラマが会場では起こっている。選手に対する愛情や親しみにつながれば」(藤原さん)。


 採点システムとは別に、3Dセンシング技術をトレーニングに活用する試みも進んでいる。生身の体で演技する体操は、スポーツ界の中でもIT導入が遅れている競技だった。


 今は、タブレットで撮影した映像をコーチが選手に見せて指導することが多いという。「トップ選手は映像を見ただけで改善点が分かるが、映像を見て分析するのが難しい選手もいる。デジタル世代の選手には、曖昧な言葉で指導するより数値化した方がイメージしやすいはず」(藤原さん)


 単に「脚が曲がっている」と言うより、「脚の角度が12度ずれている」と言った方が、選手も納得感がある。3Dレーザーセンサーを当てて体をCG化すると、いろんな角度から動きをチェックできる。日本選手のメダルを1枚でも増やすべく、代表選手やコーチにヒアリングしながら可視化する項目を確認しているという。


 この革新的なシステムは、他分野にも応用できる可能性を秘めている。


●ITで「スポーツの見方」はどう変わる?


 体操で培った技術を他分野に応用することも考えているという。「競技によって抱える課題が違うので、どの部分に応用できるかは競技団体としっかり話し合う必要がある」(藤原さん)としながらも、フィギュアスケートやシンクロナイズドスイミングなど、五輪の採点競技への活用も可能性として十分あり得るとしている。


 サッカーや野球のテレビ中継などで、選手たちの位置情報やボールの軌跡などをデジタルで可視化する技術はこれまでにもあったが、体の動きそのものを対象にすることはほとんどなかった。


 「野球なら、打者がバットを振り切ったかどうかの判断はこれまで審判がしていたが、それもセンシングで判定できるかもしれない」(藤原さん)


 フィギュアスケートにしても、コース取りなどは今の技術でも追随できるが、「個々の体の動きを認識するのはまだまだ難しい」(佐々木さん)としている。


 富士通は、10年ほど前から、農業やスポーツのように人の経験や勘に頼る領域をICT(情報通信技術)でどう支援するかにチャレンジしてきたという。


 「今回、日本のお家芸である体操と最新技術を組み合わせることに非常に意義がある。世界で競技人口が5000万人いるといわれる体操を通じて、健康で豊かな生活を実現したい」と藤原さんは強調する。


 2020年、東京五輪・パラリンピックで体操競技の見え方はどう変わるのか。国産メーカー発の、世界への挑戦は続く。


(村上 万純)

関連ニュース

関連写真

盗聴防止スマートフォン、カスペルスキー系ロ...

【AFP=時事】ロシアの首都モスクワ(Moscow)で22日に開かれたビジネスフォーラムで、盗聴を防止するスマートフォンが公開された。  ロシア北部の針葉樹林タイガにちなんだ緑色のボディーの「タイガフォン(TaigaPhone)」は、5インチのタ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画