Sony

ニュース

リバプール痛恨PK失敗 セビリアと2-2ドロー

  • 2017年 09月14日 09時01分
  • 提供元:日刊スポーツ
後半27分、同点ゴールを決めるセビリアFWコレア(左)(AP)

写真拡大

後半27分、同点ゴールを決めるセビリアFWコレア(左)(AP)

<欧州CL:リバプール2-2セビリア>◇1次リーグE組◇13日◇リバプール

 リバプール(イングランド)はホームでセビリア(スペイン)と2-2で引き分けた。
 前半5分にクリアミスから先制点を奪われたリバプールは同21分、ワンツーパスで抜け出したDFモレノの折り返しをFWフィルミーノが押し込んで同点に追いつき、同37分にはFWサラーが相手陣で強引にボール奪取。すぐさま左足ミドルシュートを放つと、ボールは相手DFに当たってゴールに飛び込み勝ち越しに成功した。しかし、同42分、相手ハンドで獲得したPKをフィルミーノが右ポスト直撃のミスキックで失敗して追加点は奪えず、後半27分にFWコレアに同点ゴールを決められ、ドローに終わった。
 マリボル(スロベニア)はホームでスパルタク・モスクワ(ロシア)と1-1で引き分けた。後半14分に交代出場のMFサメドフに先制点を奪われたが、同40分、MFボハルのゴールで追いついた。

関連ニュース

関連写真

神戸レアンドロ、ポドルスキのパスからの得点...

左膝前十字靱帯(じんたい)損傷で今季絶望のヴィッセル神戸FWレアンドロ(32)が25日、神戸市内でラジオの生番組に出演した。  昨季の得点王は、9月の練習中に負傷箇所を再び痛め、7日に手術。全治8~9カ月の診断を受けた。大勢の神戸サポーターが見守る...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画