Sony

ニュース

マツダ、新型SUV「CX−8」発表=3列シート、最大トルク450Nm発揮

  • 2017年 09月14日 00時00分
  • 提供元:時事ドットコム

音量調整は、動画プレーヤー内の音量調整ボタンを使用して行ってください

 マツダは14日、新型のスポーツ用多目的車(SUV)「CX−8」を東京都内で発表した。3列シートを備え、6人乗りと7人乗りを設定。最大トルク450Nmを発揮する排気量2.2リットルのディーゼルエンジンを搭載し、大人数でも力強い走りを実現した。販売は12月14日から。
 マツダが国内で展開するSUVとして、最上位のモデルとなるCX−8。全面改良し、今年2月に販売を開始した「CX−5」の3列シート版として登場した。全長は35センチほど長く、3列目の座席は身長170センチの大人でも快適に過ごせる広さとした。
 エンジンは、CX−5にも搭載されるディーゼルターボを15馬力パワーアップし、最高出力190馬力に、最大トルクは450Nmに引き上げた。車重は増加したが、前輪駆動モデルで軽油1リットル当たりの燃費は、17.6キロ(JC08モード)にとどめた。
 走行面では、ステアリングの操作に応じて、エンジントルクを制御し、車両の安定性を図る機能を標準装備。安全性能も充実し、車両の4カ所に備えたカメラ映像により、危険回避をサポートするシステムや、交通標識を読み取り、モニターに表示する機能なども用意した。
 価格は319万6800〜419万400円。目標の販売台数は月間1200台。

関連ニュース

関連写真

嬉しいワンコイン!TDS人気ベイクドポテト...

東京ディズニーシーでは12月25日(月)まで、スペシャルイベント「クリスマス・ウィッシュ」を開催中だ。期間限定のショーやパーク内のデコレーションと合わせて楽しみたいのが、この時期ならではの特別なグルメ! 【写真を見る】濃厚なチーズソースがホクホク...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画