Sony

ニュース

ハイビームの利用呼びかけ…事故死は最少ペース

  • 2017年 09月14日 17時58分
  • 提供元:読売新聞
 今年上半期(1〜6月)の全国の交通事故死者数は、昨年同期比152人減の1675人だったことが、警察庁のまとめでわかった。
 統計が残る1948年以降で、年間死者数が最も少ない49年(3790人)を下回るペース。75歳以上の高齢ドライバーの事故も減ったが、高止まり状態が続いている。夕暮れの事故が増える秋を迎え、同庁は、ハイビームの利用を呼びかけている。
 同庁によると、死者1675人のうち、65歳以上が911人で54・4%を占めた。このうち410人が歩行中に事故に巻き込まれていた。
 75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故は190件で、昨年同期より28件減少。死亡事故全体に占める割合も0・8ポイント減の12・9%になった。ただ、免許人口10万人あたりの死亡事故件数は3・7件で、75歳未満の1・7件よりも高水準だった。

関連ニュース

関連写真

金正恩とプーチン、首脳会談計画

挑発行為を続ける北朝鮮と経済制裁を強化する国際社会の駆け引きは、どう収束するのか――。  9月18日付記事『北朝鮮と米国、お互いに軍事攻撃できない可能性』では、北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長で在日コリアンの高英起氏の話をお伝...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画