Sony

ニュース

横浜斎藤、監督から「チームに自信を持たせて」

  • 2017年 09月14日 19時18分
  • 提供元:日刊スポーツ
練習後、通訳を交えて話し込む横浜の斎藤(右)とモンバエルツ監督(左)

写真拡大

練習後、通訳を交えて話し込む横浜の斎藤(右)とモンバエルツ監督(左)

J1横浜F・マリノスは14日、横浜市内で約1時間30分、実戦形式のメニュー主体に練習を行った。
 練習後には主将のMF斎藤学(27)とエリク・モンバエルツ監督(62)がピッチ上で話し込んだ。双方ともに神妙な面持ちで、話し合いは約12分に及んだ。その後、引き揚げる際に斎藤は「監督から話そうということで話した。『チームに自信を持たせてほしい』というような内容」と話した。
 9日の前節川崎フロンターレ戦は、今季ワーストとなる3失点を喫して完敗。それまで14戦連続負けなし、5戦連続無失点と好調を維持していたが、一気に自信を失いかねない黒星だった。それだけに、指揮官はプレーはもちろん、プラスアルファの影響力もあるエースに期待していた。
 優勝争いへ、ともに落とせない上位対決となる16日の次節柏レイソル戦に向けて斎藤は「去年はこの位置にいなかったわけだから、ここにいることを楽しめるようにしたい。何でもかんでもプレッシャーに感じても仕方ない」と、前向きに話した。
 モンバエルツ監督は「彼はチームリーダー。負けた後の試合では強い気持ちが大事」と、まとめ役を務めることで、斎藤自身も一皮むけることに期待していた。

関連ニュース

関連写真

神戸レアンドロ、ポドルスキのパスからの得点...

左膝前十字靱帯(じんたい)損傷で今季絶望のヴィッセル神戸FWレアンドロ(32)が25日、神戸市内でラジオの生番組に出演した。  昨季の得点王は、9月の練習中に負傷箇所を再び痛め、7日に手術。全治8~9カ月の診断を受けた。大勢の神戸サポーターが見守る...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画