Sony

ニュース

1・4キロ追いかけ、車線変更繰り返し走行妨害

  • 2017年 10月11日 07時26分
  • 提供元:読売新聞
 神奈川県の東名高速道路で今年6月に6人が死傷した追突事故で、県警は10日、後続車の進路を妨げる形で追い越し車線に停車して事故を起こしたとして、福岡県中間市扇ヶ浦、建設作業員石橋和歩容疑者(25)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)などの容疑で逮捕した。
 発表によると、石橋容疑者は6月5日午後9時35分頃、静岡市清水区草薙一里山、無職萩山友香さん(当時39歳)のワゴン車の前に停車し、進路を塞がれてとまったワゴン車に大型トラックなどを追突させる事故を誘発。車外にいた萩山さんと、夫の嘉久さん(当時45歳)を死亡させたほか、萩山さんの長女(15)と次女(11)ら計3人に重軽傷を負わせた疑い。石橋容疑者も負傷した。
 石橋容疑者は約1・4キロにわたって、ワゴン車を追いかけたり、車線変更を繰り返して進路を塞いだりして走行を妨害したという。

関連ニュース

関連写真

安倍首相、討論会で名誉毀損の可能性…森友問...

10日に公示された衆議院議員総選挙は、22日の投開票に向けて終盤戦に突入し、街頭演説や討論会における各政党党首の発言も熱を帯びつつある。  そんななか、安倍晋三首相が公示直後の11日に出演したテレビ番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)内での...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画