Sony

ニュース

新幹線台車部品、基準下回る…神鋼データ改ざん

  • 2017年 10月12日 07時35分
  • 提供元:読売新聞
鉄粉製品と子会社の半導体向け金属で検査データの改ざんがあったと発表する神戸製鋼所の勝川常務(11日、東京都中央区で)

写真拡大

鉄粉製品と子会社の半導体向け金属で検査データの改ざんがあったと発表する神戸製鋼所の勝川常務(11日、東京都中央区で)

 神戸製鋼所がアルミ・銅製品の検査データを改ざんしていた問題で、JR東海とJR西日本は11日、所有する新幹線車両「N700A」に使っている部品の一部で強度が、納入の条件である日本工業規格(JIS)の基準を下回っていたことを明らかにした。
 JR東海によると、神戸製鋼が新幹線製造会社の日本車両製造や日立製作所に納入した部品のうち、「N700A」の台車と車輪をつなぐアルミ製の部品2種、計310個の強度がJISの基準を下回っていたという。
 ただし、JISの基準は満たしていないものの、11日の定例記者会見でJR東海の柘植康英つげこうえい社長は「(神戸製鋼が納めた部品は)実際の使用には十分に耐えうる極めて高い強度があり、安全性に問題はない」としている。

関連ニュース

関連写真

西室泰三氏死去、81歳…東芝や日本郵政で社長

東芝や日本郵政の社長、東京証券取引所の会長を歴任した西室泰三(にしむろ・たいぞう)氏が、18日までに死去していたことが分かった。  81歳だった。告別式は近親者で行う。  山梨県出身。1961年に慶応大を卒業後、東京芝浦電気(現・東芝)に入社した...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画