Sony

ニュース

日本の大学で「孔子学院杯」卓球大会を開催=馳浩氏があいさつ―中国メディア

  • 2017年 10月12日 13時40分
  • 提供元:Record China
日中国交正常化45周年と中華人民共和国建国68周年を記念して、北陸大学はこのほど「孔子学院杯」卓球大会を催した。小学生から大学生までの選手と市民数百名が同大会に参加した。

写真拡大

日中国交正常化45周年と中華人民共和国建国68周年を記念して、北陸大学はこのほど「孔子学院杯」卓球大会を催した。小学生から大学生までの選手と市民数百名が同大会に参加した。

日中国交正常化45周年と中華人民共和国建国68周年を記念して、北陸大学はこのほど「孔子学院杯」卓球大会を催した。小学生から大学生までの選手と市民数百名が同大会に参加した。人民網が伝えた。



日本の元文部科学省大臣で東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問会議・顧問、衆議院議員の馳浩氏は会場で、「北陸大学孔子学院は中国語教育を通して、日本と中国の語言文化交流を促進させた。また、卓球などのスポーツ競技を通し、日中両国の青少年たちの間の友好交流に積極的な貢献をしている」とあいさつした。



今回の「孔子学院杯」卓球大会では、中国から首都体育学院と北京先農壇体育運動技術学校の卓球のユース選手を日本に招き、それぞれ北陸大学や早稲田大学、立命館大学の卓球チームと親善試合を行った。



「孔子学院杯」卓球大会は今回で4回目の開催となり、北陸地域の若い卓球愛好家たちにとって年に1度のイベントとなる。スポーツ交流の他に、北陸大学孔子学院は「平成遣中使」プロジェクトを積極的に展開し、長年に渡り日本の大学生や高校生及び社会人ら約1500人を中国に派遣している。今年度は北陸大学孔子学院では13人の生徒を孔子学院奨学金生として、北京市や天津市、遼寧省大連市、上海市、江蘇省蘇州市などの中国の都市へ留学させている。(提供/人民網日本語版・編集TK)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

少年アイスホッケーの試合に保護者が乱入、審...

2017年12月14日、観察者網によると、北京市内で行われた少年アイスホッケー大会の試合中に保護者がリンクに乱入して審判を殴り、試合終了後には保護者同士の乱闘が発生した。 トラブルが発生したのは、10日に行われた北京市青少年アイスホッケーリーグU...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画