Sony

ニュース

ファミマ、不採算のサークルKとサンクスを店じまい

  • 2017年 10月12日 18時32分
  • 提供元:J-CAST
「サークルK」「サンクス」不採算店舗を店じまい

写真拡大

「サークルK」「サンクス」不採算店舗を店じまい

ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は、2018年2月までにコンビニエンスストアの「ファミリーマート」との統合を進めている、傘下の「サークルK」と「サンクス」の664店舗を閉店すると、2017年10月11日に発表した。当初の計画から、295店舗を追加で閉める。

J‐CASTニュースの12日の取材に、同社は「不採算店舗の整理のため」と、理由を説明した。


ファミマへの転換ではなく閉店

サークルKとサンクスは、2016年9月にファミリーマートと経営を統合。同年8月時点で6300か店あった店舗を、18年8月末までに5000店舗のファミマに切り替えていく計画で、この1年間で約1700か店をファミマの看板に切り替えた。


両店は17年8月末時点で3300店舗が残っているが、このうちの664か店の不採算店舗を閉める。ユニー・ファミリーマートHDは、「今回の閉店はファミリーマートへの転換ではなく、店舗自体の閉店」と説明している。


ファミリーマートは17年8月末時点で、全国に1万4500店舗を展開している。


関連ニュース

関連写真

ROSE BUDがセールイベント開催 渋谷...

ファッションブランド「ROSE BUD(ローズバッド)」のスペシャルセール「ROSE BUD BAZAAR」が2017年10月21日と22日、東京・渋谷本店で開催されます。 「渋谷ファッション手当」も使用可能2日間のみ実施されるセールでは、ウェアや...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画