Sony

ニュース

柳沢慎吾、芦田愛菜のコメントに感心「パクろうかな」

  • 2017年 10月12日 18時38分
  • 提供元:東京ウォーカー
芦田愛菜と柳沢慎吾が絶妙な掛け合いを披露

写真拡大

芦田愛菜と柳沢慎吾が絶妙な掛け合いを披露


人気シリーズ最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の公開前夜イベントが10月12日にスパイラルホールで開催。日本語吹替版でバッド・エイプ役の声優を務めた柳沢慎吾と、ゲストの芦田愛菜が登壇した。芦田がしっかりと映画の感想を語ると、柳沢は「しっかりしてるね。たいしたもんだよ」と何度もうなった。


【写真を見る】愛くるしい芦田愛菜の笑顔


これまでのシリーズのおさらいと今作の見どころを映像や最新の3Dホログラムで解説した2人。芦田はいろんな猿に関する知識を交えて意見を述べていった。


芦田が「(主人公の猿の)シーザーは人間と共存したかった。人間と仲間との間での葛藤がすごく印象的でした」と言うと、柳沢は「すごいね。台本もないのに。これから愛菜ちゃんのコメントをパクろうかな」と感心しきりだった。


柳沢は「こうやって愛菜ちゃんと共演させてもらうのは久しぶり。以前、警察のコントをやったことを覚えてるって言ってくれてうれしいね」と笑顔で語り「みなさん、いい夢見ろよ。あばよ!また会う日まで」と決め台詞を言った後、ふたりで仲良くポージングをした。


『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は、カリスマ的な主人公のシーザーが、リーダーとしての使命感と、家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマが描かれる。【取材・文/山崎伸子】


【関連記事】

『猿の惑星』VFXスーパーバイザーの仕事ぶりに樋口真嗣監督たちが感動

『猿の惑星』最新作を見る前に、リーダー猿・シーザーの軌跡を特別映像でおさらい!

柳沢慎吾、記者にも愛される全力投球。「あばよ!」裏話に会場も大盛り上がり


関連ニュース

関連写真

山崎賢人が主役の貫禄を見せつける!『氷菓』...

人気作家・米澤穂信原作のデビュー作で、累計発行部数230万部を超える青春学園ミステリー<古典部>シリーズの記念すべき第1作目を映画化した『氷菓』が、いよいよ11月3日(金・祝)より全国ロードショーされる。 【写真を見る】役作りに真剣な表情を見せる...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画