Sony

ニュース

フランクフルト欠場者多数ボランチ本職1人もおらず

  • 2017年 10月12日 19時29分
  • 提供元:日刊スポーツ
フランクフルト長谷部誠(2017年9月20日撮影)

写真拡大

フランクフルト長谷部誠(2017年9月20日撮影)

フランクフルトが欠場者だらけだと、12日の独紙ビルトが報じた。
 フランクフルトのニコ・コバチ監督は11日、チーム状況について語った。風邪をひいていたFWセバスチャン・ハラーは大事をとって病院へ。「のどに軽い痛みがある。私のように」とコバチ。
 MFマルク・シュテンデラは風邪で今週トレーニングに参加できていない。コバチは「彼は欠場する」とコメント。さらにスロボダン・メデイェビッチはふくらはぎに痛み、ゲルソン・フェルナンデスは肉離れ、オマール・マスカレルはアキレスけんの負傷で欠場。ボランチが1人もいないという事態だ。
 ハノーバー戦ではケビンプリンス・ボアテングがヨナタン・デグズマンとボランチでコンビを組むことになりそうだ。

関連ニュース

関連写真

サッカーACL、浦和が10大会ぶり決勝進出

サッカーのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)は18日、準決勝(ホームアンドアウェー方式)第2戦が埼玉スタジアムで行われ、J1浦和は1―0で上海上港(中国)を破って2戦合計2―1とし、優勝した2007年以来10大会ぶりに決勝へ進んだ。  12分に...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画