Sony

ニュース

Tシャツで皮膚に重軽傷、元会社役員ら書類送検

  • 2017年 10月12日 22時35分
  • 提供元:読売新聞
マリンスポーツ大会で配布されたTシャツ(12日、茅ヶ崎署で)

写真拡大

マリンスポーツ大会で配布されたTシャツ(12日、茅ヶ崎署で)

 神奈川県茅ヶ崎市で昨年9月に開かれたマリンスポーツ大会で、配布されたTシャツを着た参加者が皮膚のやけどなど重軽傷を負った事故で、県警は12日、Tシャツのプリントに使われた薬品を販売したインク販売会社「松井色素化学工業所」(京都市)の当時の担当役員ら2人を業務上過失傷害容疑で書類送検した。
 書類送検されたのは、同社の元取締役技術部長で現在は顧問の男(67)(大津市)と、薬品開発担当の社員の男(35)(京都市山科区)。
 発表によると、2人は人体への安全性を十分に確認せず、床の消毒などに使われる薬品をTシャツのプリント用として衣類プリント会社に販売し、昨年9月10日、大会でTシャツを着た計107人にけがを負わせた疑い。うち1人は化学熱傷で入院し、ほかの参加者も皮膚のかぶれなどを起こした。

関連ニュース

関連写真

空自基地で戦闘機が炎上、脚部破損か…乗員脱出

18日午前11時45分頃、茨城県小美玉市にある航空自衛隊百里基地の誘導路で、同基地所属のF4戦闘機(2人乗り)から白煙が上がっているのを基地関係者が確認した。  県警航空隊によると、炎が出ていたという。  同基地関係者らによると、乗員2人は機体か...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画