Sony

ニュース

ソンタクン…ドクターX第1話で政界旬用語が話題に

  • 2017年 10月12日 22時34分
  • 提供元:日刊スポーツ
米倉涼子(17年10月3日撮影)

写真拡大

米倉涼子(17年10月3日撮影)

米倉涼子(42)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第5シリーズ第1話が12日、オンエアされた。
 第1話では、米倉演じる大門未知子が雇われた東帝大学病院初の女性院長・志村まどか(大地真央)が「患者ファースト」、病院長から転落した蛭間(西田敏行)が「忖度(そんたく)」と口にするなど、昨今の政界でも話題の用語が飛び交い、ツイッター上でも話題を呼んだ。
 その中、米国の心臓外科の権威が手術支援ロボットの遠隔操作を行ったものの、失敗に終わった心臓手術の手術室に、未知子が自身の手術を終えて駆け付け、決めぜりふ「私、失敗しないので」を口にした午後9時50分にツイッター上の熱も沸騰。手術を華麗に成功させた未知子の姿に「『私、失敗しないので』と言ってみたい」などと、待望のセリフに熱狂するファンのツイートが相次いだ。
 第1話の最後に、患者の有名ジャーナリストとの不倫が発覚した志村が院長を追われ、代わって院長に復帰した蛭間の第2秘書のロボットの名前が「ソンタクン」だったことに、再びネット上は沸いた。10日に衆院選が告示され2日後という状況だけに、時事ネタとして政治を織り交ぜてきた、制作陣の巧みさを称賛する声も多かった。

関連ニュース

関連写真

視聴率は歴代2位も、募金額はワースト2位…...

日本テレビは17日、8月26~27日に放送された『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)の募金総額が6億9,915万3,512円だったことを発表した。これらの寄付金は、24時間テレビチャリティー委員会を通じ、福祉・環...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画