Sony

ニュース

パレスチナ自治政府、12月1日から再びガザを統治下に ハマスと和解

  • 2017年 10月12日 23時04分
  • 提供元:AFPBB News
エジプト首都カイロで、和解合意に署名後、握手を交わすファタハ側の代表者(前方右)とハマス側の代表者(前方左、2017年10月12日撮影)。©AFP=時事

写真拡大

エジプト首都カイロで、和解合意に署名後、握手を交わすファタハ側の代表者(前方右)とハマス側の代表者(前方左、2017年10月12日撮影)。©AFP=時事

【AFP=時事】パレスチナ自治政府のマハムード・アッバス(Mahmud Abbas)議長率いるファタハ(Fatah)と、そのライバルであるイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)が12日、エジプトの仲介の下、10年に及ぶ分裂を解消することを目指した和解協議で合意に達した。アッバス議長はこれを「最終的」な合意と位置付けている。

 エジプトの首都カイロ(Cairo)で、ハマスの副代表およびファタハ側代表団の団長が合意書に署名した。

 協議を注視していたエジプト情報機関の声明によれば、この合意の下、パレスチナ自治区のヨルダン川西岸(West Bank)を拠点とする自治政府が、ハマスの実効支配するガザ地区(Gaza Strip)を、12月1日までに再び完全な統治下に置くという。

 アッバス議長はAFPに寄せたコメントで、合意を歓迎。「分裂に終止符を打つ最終合意」とみなしていると述べた。ただこれまでも和解への取り組みはことごとく頓挫しており、これから解決が必要な問題も山積している。
【翻訳編集】AFPBB News

関連ニュース

関連写真

トランプ氏の移民政策で活況、「メキシコのシ...

移民に厳しい姿勢を貫くトランプ政権は、これまで米国内で合法的に就学・就労が可能とされてきた若い世代の移民たち「ドリーマー」について、議会が法制化しない限り認めない姿勢を打ち出した。これによって「漁夫の利」を得ようとしているのが、隣国メキシコだ。

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画