Sony

ニュース

レース車開発、トヨタに所得税源泉徴収漏れ指摘

  • 2017年 10月13日 11時52分
  • 提供元:読売新聞
 海外子会社に依頼したレース車両の開発などを巡り、トヨタ自動車が名古屋国税局の税務調査を受け、2016年までの2年間で所得税の源泉徴収漏れを指摘されていたことが、関係者への取材でわかった。
 追徴税額は不納付加算税を含め約3億円とみられる。
 関係者によると、トヨタは、モータースポーツに参戦するにあたり、レース用車両の開発をドイツとフィンランドにある子会社に依頼。両社への支払いのうち、計約9億円について同国税局は、子会社側に対する開発車両などの使用料に当たると認定したとみられる。
 日本の税法では、国内法人が外国法人に使用料を支払った場合、一定の割合を源泉徴収し、国内で納税しなければならない。トヨタは今回、車両の使用料のほか、海外出向者の退職金などについても源泉徴収漏れを指摘されたという。
 読売新聞の取材に対し、トヨタは「調査の有無については答えられない。法令順守を最優先し、適正に納税している」としている。

関連ニュース

関連写真

3種類のリンゴ、3万5千個並べて浮世絵に

青森県弘前市の弘前公園で赤や黄色のリンゴ約3万5000個を並べて浮世絵を描く「リンゴアート」が完成し、「弘前城菊と紅葉まつり」の開幕に合わせ、20日お披露目された。  江戸時代の浮世絵師・東洲斎写楽の作品「三世大谷鬼次(さんせいおおたにおにじ)の...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画