Sony

ニュース

警官・銀行員名乗りカード詐取、被害件数4倍

  • 2017年 10月13日 15時14分
  • 提供元:読売新聞
 警察官などを名乗って、高齢者からキャッシュカードをだまし取る「カード受け取り型」の詐欺被害が、首都圏など都市部を中心に急増している。
 1〜8月の全国の被害認知件数は、昨年同期の4・2倍(1578件増)の2076件に上った。警察庁は「警察や銀行がキャッシュカードを受け取りに行くことはない。絶対に渡さないで」と注意喚起している。
 カード受け取り型詐欺は、警察官や銀行員、「個人情報センター」職員を名乗って電話をかけ、「逮捕された詐欺グループの証拠品から、あなたの口座番号が出てきた」「あなたの口座が不正に使われている」「あなたの個人情報が流出した」などと恐怖心をあおるのが代表的な手口。

関連ニュース

関連写真

親子?ひき逃げされる、男児死亡し女性は大けが

20日午後6時35分頃、茨城県つくば市研究学園の市道で、3歳ぐらいの男児と母親とみられる30歳前後の女性が車にはねられた。  男児は病院に搬送されたが死亡し、女性も大けがを負った。2人をはねた後、現場から逃走する車が目撃されており、つくば中央署は...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画