Sony

ニュース

  • 2017年 10月13日 09時39分
  • 提供元:共同通信 47NEWS
稲刈りをする農家

写真拡大

稲刈りをする農家

農林水産省は13日、2017年産米の出荷業者と卸売業者の相対取引価格が、9月平均で前年同月比8.3%上昇の60キロ当たり1万5526円になったと発表した。新米の相対取引価格の公表が始まる9月の値上がり...

[記事全文]別ウィンドウで開きます

関連ニュース

関連写真

速度10倍、電力100分の1…AI半導体開発

政府は、自動運転車やロボットに搭載する人工知能(AI)向け新型半導体の開発支援に乗り出す。  通常より処理速度が速く、消費電力の少ないタイプで、2018年度中に企業や大学の技術者が利用できる開発拠点を設ける。AIの性能を左右するAI用半導体の開発...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画