Sony

ニュース

中国の「あまりにも難しすぎる道路」が話題に、罰金取るためとの指摘も―河北省張家口市

  • 2017年 10月13日 17時10分
  • 提供元:Record China
河北省張家口市で市街地の道路が再整備されたが、市民からは「難しすぎる」と困惑の声が出ている。

写真拡大

河北省張家口市で市街地の道路が再整備されたが、市民からは「難しすぎる」と困惑の声が出ている。

2017年10月11日、中国メディア・網易(Net Ease)によると、河北省張家口市で中心部の道路が再整備されたが、整備し直された道路に市民からは「難しすぎる」と困惑の声が出ている。



ネット上には、「まるで迷宮だ」「罰金を取るために難しくしたんだろう」と書き込まれたり、車線が複雑でわかりづらいため、正しい通行方法の図解まで掲載されている。



市民から噴出する困惑の声に対し、市交通警察は「基本的にはネットユーザーが指摘したように通行する」とし、「あせらず、安全に通行すれば大丈夫だ」とコメントしている。



中国のネットユーザーからは「年間を通じた罰金は大変な額になる」「交通警察と道路行政が手を組むと大もうけできるんだね」「設計した人はさぞ苦労したことだろう」「立体交差にする予算がないから平面にしたのだろう」「ある意味中国らしい」「典型的な中国式道路行政だ」などの意見が聞かれた。(翻訳・編集/岡田)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

「中国人の考え方理解したい」「日本のごみ分...

公益財団法人イオン1%クラブと在中国日本大使館の共催で、2017年「日本小大使」歓迎会が北京市で行われた。在中国日本大使館の横井裕大使、四方敬之公使、植野篤志公使、北京市人民政府外事弁公室の熊九玲主任、高志勇副主任、イオン1%クラブ横尾博理事長など...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画