Sony

ニュース

【宮城・仙台】高級焼干しなどを使ったスープ&煮干し入りの麺とニボニボづくし!

  • 2017年 10月13日 18時00分
  • 提供元:東京ウォーカー
上品な味わいの「濃いめの煮干そば」(850円)

写真拡大

上品な味わいの「濃いめの煮干そば」(850円)


角田出身のご主人が、県南エリアの食材を使って店をできないか、というコンセプトから生まれた「片平小十郎」。屋号も戦国時代、伊達政宗の片腕として白石城を治めていた片倉小十郎をもじったもの。煮干しを練り込んだ煮干しそばは、「白石温麺」の技法で「はたけなか製麺」が製造、味玉は白石蔵王の竹鶏たまご、チャーシューには蔵王の「ジャパンX」と、まさに県南のさまざまな食材を上質な煮干しスープと一緒に味わえる。


【写真を見る】煮干そばと銘柄豚「ジャパンX」のコラボが楽しめる「汁なし肉そば」(900円)


■ 「濃いめの煮干そば」(850円)


陸奥湾の焼干し、瀬戸内海や大分など各地から取り寄せた煮干しで作ったスープは、煮干しの甘味と旨味をとことん味わえる一杯。低温で煮出すことで上品に仕上げている。


■ラーメンデータ<麺>細・角・ストレート/製麺所:はたけなか製麺・90g<スープ>タレ=醤油・仕上げ油=煮干油/濃度: 超あっさり/種類: 魚介(煮干)


■ 動物系の食材を一切使わず、高級焼干し、いりこ、昆布を使用


青森県産の高級焼干し、いりこ、北海道産の昆布などでだしをとる。動物系の食材は一切使っていない。


麺にも煮干しを入れているのもこの店の特徴だ。


■ 「汁なし肉そば」(900円)


とろとろに煮込んだ「肉おでん」と煮干そばのコラボ。銘柄豚「ジャパンX」の柔らかな肉質が堪能できる一杯。


■ 店主の声


「あっさり味の煮干そばは飲んだ後の締めにもぴったりですよ」と話すのは店主の菅野大輔さん。


夜は居酒屋として「肉おでん」をメインにしたメニューなどが味わえる。【ラーメンウォーカー編集部】


【関連記事】

【宮城・仙台】 赤・白ダブルで仙台味噌を使ったまろやか味噌ラーメン

【宮城・仙台】ハマグリが主役の「ゆず塩そば」!潮の香に柚子をのせて

【宮城・仙台】トリプルスープのコクがスゴイ!シャキシャキ野菜たっぷりの味噌ラーメン


関連ニュース

関連写真

子宮という名のブラックホールに吸引される男...

快楽殺人鬼というどうしようもない社会的不適合者でも、世界で誰かひとりの役には立っているかもしれない。沼田まほかる原作小説の映画化『ユリゴコロ』は、フィクションならではの振り切ったミステリーだった。残念だったのは、少数の人間しか共感できないテーマ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画