Sony

ニュース

【宮城・仙台】ウマさも量も重量級!山形の人気店が満を持して仙台進出!

  • 2017年 10月13日 18時00分
  • 提供元:東京ウォーカー
カウンターのみの長細いフロアは、山形から訪れるファンも多く常に賑やか

写真拡大

カウンターのみの長細いフロアは、山形から訪れるファンも多く常に賑やか


中華そば王国・山形の人気店「俺の中華 たなか家」の天童店が、仙台市地下鉄とJR仙山線、ふたつの駅が利用できるアクセス良好な北仙台へと移転した仙台昭和町店。北海道産小麦の豊かな香りに満ちた自家製麺、親鶏の旨みが活きたスープ、厚く大判のチャーシューなど、現在の人気を構築したファクターは健在。その上で、新たなチャレンジにも意欲的だ。


【写真を見る】太麺200g、大判チャーシュー3枚と重量級だが完食する人も多い「肉中華DX 醤油」(1060円)


■ 肉中華DX 醤油(1,060円)


逞しき太麺は普通盛りでも堂々の200g!やわらかなチャーシューも大判が3枚と重量級だが、スープのコクとキレのバランスにより、きれいに完食する人多し。


■ラーメンデータ<麺>太・角・軽いウェーブ/製麺所:自家製麺・200g<スープ>タレ=醤油・仕上げ油=鶏油/濃度:ふつう/種類:豚骨・丸鶏


■ 3種類の辛味噌が味を深め広げる


独自配合の辛味噌3種は辛みと旨みの塊。これをメニューによって使い分け、個性あふれる味わいを演出。醤油味の「肉中華」へのトッピングもおすすめ。


■ 極辛味噌(850円)


計6種の辛みが潜む、赤鬼のごとき一杯。容赦ない辛さだが何故かクセになるのは、土台を旨みや甘みが支えているからだ。【ラーメンウォーカー編集部】


【関連記事】

【東京・西八王子】町田時代の伝説の一杯が8年の時を超えて復活!

【東京・新宿】“名前ありき”の新店舗で傑作担々つけ麺が誕生!

帯広の新鋭! 十勝食材使用の、何度も食べたくなる淡麗系ラーメン「澄」


関連ニュース

関連写真

コメダの冬定番「チョコノワール」が進化して...

コメダ珈琲店各店では2017年12月11日から2018年1月21日まで、季節限定商品「ショコラノワール」が販売されます。 コメダ冬の風物詩が今年も登場2014年に初登場した「チョコノワール」が4年目となる今年、チョコレートの素材に一層こだわった「シ...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画