Sony

ニュース

【宮城・仙台】ジュワ~ッと口の中に広がる鶏の旨味!気鋭の店主が手掛ける渾身の塩ラーメン

  • 2017年 10月13日 18時00分
  • 提供元:東京ウォーカー
周辺住民を中心に、地元に愛される店を目指す隠れ家的な場所にある「麺屋 吉兆。」

写真拡大

周辺住民を中心に、地元に愛される店を目指す隠れ家的な場所にある「麺屋 吉兆。」


国分町の人気ラーメン店で経験を積んだ主人が、やや隠れ家的な場所に2017年3月にオープンした「麺屋 吉兆。」。目指すのは周辺住民を中心に、地元に愛される店。主人のいち押しメニューは、比内地鶏の鶏ガラをベースに作ったスープに、沖縄の塩を使った塩だれを組み合わせた滋味あふれる塩ラーメンだ。


【写真を見る】「塩ラーメン」(700円)に合わせ考えられた比内地鶏を使ったコクのあるスープが特徴


■ 塩ラーメン(700円)


比内地鶏と通常の鶏ガラを合わせた深いコクあるスープは、塩ラーメンに合わせ考えられたもの。国産の「ゆきちから」を使った低加水のストレート麺との相性もいい。


■ラーメンデータ<麺>細・角・ストレート/製麺所:菅野製麺所・160g<スープ>タレ=塩・仕上げ油=ネギ油/濃度:ふつう/種類: 鶏ガラ


■ じっくり煮込んだ鶏ガラスープ


店主が惚れ込んだ、比内地鶏のスープにややあっさりとした味わいの鶏ガラをブレンド。比内地鶏だけだと鶏の味が濃すぎるため、中和させ、ほどよい味に仕上げている。


■ 味噌ラーメン(800円)


仙台味噌のほか、2種類の味噌をブレンドしたまろやかな味噌だれが鶏ガラスープにマッチ。麺は中太の平打ちで、少し縮れている。【ラーメンウォーカー編集部】


【関連記事】

【埼玉・草加】東北の食材を生かした、貝ダシ香る青森シャモロックの鶏清湯

【東京・王子神谷】黄金スープに異素材を組み合わせた至高の一杯がなんとワンコイン!

【東京・目黒】毎日食べても飽きない正統派の中華そばが味わえる「中華そば あの小宮」


関連ニュース

関連写真

【京都観光】イチオシの定番スイーツはこれ!...

京の人々の知恵と暮らしが息づいた町家をリノベートした、レトロな空間の町家カフェでほっこりタイムを。定番の愛されメニューがある町家カフェをご紹介。<※情報は関西ウォーカー(2017年12月5日発売号)より> 【写真を見る】「あんぽーね」(648円)...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画