Sony

ニュース

<サッカー>日本人はトップ5を占め、中国人はトップ20にたった1人=この差って何?―中国メディア

  • 2017年 12月07日 21時40分
  • 提供元:Record China
5日、騰訊体育は、今シーズンのJ1リーグ得点ランキングで日本人選手が上位を占める一方で、中国スーパーリーグでトップ20に入った中国人選手はたった1人だったと伝えた。写真は川崎フロンターレ・小林悠のユニフォーム。

写真拡大

5日、騰訊体育は、今シーズンのJ1リーグ得点ランキングで日本人選手が上位を占める一方で、中国スーパーリーグでトップ20に入った中国人選手はたった1人だったと伝えた。写真は川崎フロンターレ・小林悠のユニフォーム。

2017年12月5日、騰訊体育は、今シーズンのJ1リーグ得点ランキングで日本人選手が上位を占める一方で、中国スーパーリーグではトップ20に入った中国人選手はたった1人だったと伝えた。



2日に全日程が終了したJ1リーグでは、川崎フロンターレのFW小林悠が23得点で得点王に輝いた。2位はセレッソ大阪のFW杉本健勇で22得点、3位は浦和のFW興梠慎三で20得点、4位は磐田のFW川又堅碁で14得点となり、5位には12得点で鹿島のMF金崎夢生、浦和のFWラファエル・シルバ、柏のFWクリスティアーノが並んだ。得点ランキングトップ5の7人中5人が日本人Jリーガーという結果になった。



一方で、記事によると、中国スーパーリーグの得点ランキングでトップ20に入った中国人選手は上海上港のFW武磊(ウー・レイ)ただ1人だったことを指摘。武は20得点(2位)と今季の同リーグで唯一、二けた得点を挙げた中国人選手だった。次に多くゴールを挙げたのは9ゴールで21位に入った広州恒大のFW●林(ガオ・リン、●は「告」におおざと)だった。



記事は、「中国代表は決定力不足に悩まされているが、それはリーグ戦における中国人選手のゴール数の少なさと非常に大きな関係がある」と評した。(翻訳・編集/川尻)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

ローマ法王、日本の「過度の競争」を戒め 学...

【AFP=時事】ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は18日、テレビ会議システムを利用して東京の大学生らと対話し、日本の学校や職場での「過度」の競争文化や消費主義への傾倒を戒めた。  アルゼンチン出身のフランシスコ法王は、上...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画