Sony

ニュース

世界最大のスターバックスが上海にオープン!アリババと提携でAR技術応用―中国

  • 2017年 12月08日 00時30分
  • 提供元:Record China
スターバックスの世界最大の店舗はコーヒーアートの「舞台」であるだけでなく、新小売技術の「ランウェイ」にもなっている。

写真拡大

スターバックスの世界最大の店舗はコーヒーアートの「舞台」であるだけでなく、新小売技術の「ランウェイ」にもなっている。

スターバックスの世界最大の店舗はコーヒーアートの「舞台」であるだけでなく、新小売技術の「ランウェイ」にもなっている。北京晨報が伝えた。



スタバが阿里巴巴(アリババ)と手を組んで打ち出したスタバの新形態「スターバックスリザーブロースタリー」の上海店がこのほど開店した。



上海店の建築面積は2700平方メートルに上り、スタバの46年間の歴史で最大規模のブランド投資と革新実践を行う場所とみられている。



店に入ると、コーヒーのストックや器具が整然と並べられ、運搬の様子も見ることができる。コーヒーを貯蔵しておく高さ2メートル以上、重さ6トンの銅製の缶が置かれ、コーヒーの市場、倉庫、博物館などさまざまな役割が店内に集約されている。



淘宝(タオバオ)アプリをインストールして店内でかざすと、同店や近くのコーヒー取引スポットが表示され、消費者は拡張現実(AR)技術を通じて店舗のカウンターや焙煎機などの細部を直感的に理解できる仕掛けになっている。



同店は支付宝(アリペイ)と協力して独自の「ブラブラして待つ」機能を打ち出した。消費者はアリペイで支払いをした後、同店の近くをブラブラして知らせが来るのを待つことができる。コーヒーができあがると、支付宝アプリが「お引き取りを」と通知してくれる。



同店では世界でここでしか買えない限定グッズも取り扱う。アパレル製品や帽子など、携帯電話の淘宝でスキャンすれば、天猫(Tmall)のスタバ旗艦店が家まで発送してくれる。



アリババによると、この店で使用するARプランはアリババの人工知能(AI)実験室(阿里AI Labs)がスタバと共同開発したものだ。同実験室責任者の浅雪さんは、「今回の協力はAR実験室の大型物体識別技術を利用したもので。世界初の大規模な商用化運用になる」と話す。



これまで長らく、AI産業の発展は低迷状態にあり、インタラクティブ娯楽以外には、商業サービスシーンがなかなか定着しなかった。



だが今年になると、アップル、グーグル、アリババなどの大手が相次いで独自のARプラットフォームを打ち出し、業界の信頼感は再び高まりをみせている。(提供/人民網日本語版・編集/KS)


【関連記事】


関連ニュース

関連写真

天津空港の利用客が延べ2000万人突破、1...

天津浜海国際空港は15日、今年の利用客が延べ2000万人を突破したことを発表した。これは同空港が利用者の非常に多い空港に仲間入りしたことを意味し、天津の民間航空史上で一里塚となる大台を突破した。中国新聞社が伝えた。 首都机場集団公司の副総経理を務...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画