Sony

ニュース

日本とフランス、機雷の探知技術で共同研究へ

  • 2018年 01月12日 15時03分
  • 提供元:読売新聞
 日本、フランス両政府は来年度から、海底に敷設された機雷の探知技術を向上させるため、新たな水中音波探知機(ソナー)の共同研究に乗り出す。
 26日に東京で開かれる外務・防衛閣僚会合(2プラス2)で大筋合意する見通しだ。朝鮮半島で有事が起きた場合、日本海に機雷がまかれる恐れがあり、海上自衛隊の掃海能力の向上を目指す。
 日仏が防衛装備品を共同研究するのは初めて。低周波を使う日本製のソナーは、機雷の探知能力は優れているが、画像を鮮明に映す技術には課題がある。これに対し、高周波を使うフランス製は画像化の技術が高いとされる。それぞれの長所を組み合わせることで、高性能ソナーの開発につなげたい考えだ。
 来年度から2年間、共同研究を実施した上で、実用化に向けた共同開発に移行するかどうかを判断する。

関連ニュース

関連写真

60〜64歳就業、20年に67%…高齢大綱案

政府は17日、中長期的な高齢者施策の指針となる政府の「高齢社会対策大綱」案を自民党の会合で提示した。  働く意欲のある高齢者の就労を促すため、公的年金の受給開始時期について70歳超も選択可能とする制度の検討を盛り込んだ。60〜64歳の就業率を20...

[記事全文]

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画