Sony

ニュース

元モー娘。工藤遥、スーパー戦隊ヒロインに抜てき 女優への第一歩「自信をもって頑張る」

  • 2018年 01月12日 18時30分
  • 提供元:ORICON NEWS

音量調整は、動画プレーヤー内の音量調整ボタンを使用して行ってください

 昨年12月にモーニング娘。’17(現:モーニング娘。’18)を卒業した工藤遥(18)が2月11日よりスタートするテレビ朝日系スーパー戦隊シリーズ第42作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(毎週日曜 前9:30)のヒーローに抜てきされ、12日、都内で行われたキャスト披露イベントに出席した。工藤は『快盗戦隊ルパンレンジャー』のルパンイエローこと早見初美花役に起用された。 約6年超在籍したグループを卒業し、夢だった女優への第一歩を踏み出した工藤は「史上初のW戦隊スタイルでお届けするこの作品がいつまでも愛される作品になればいいなと、私も早見初美花として頑張っていきたい」と初々しく意気込み。 小さい頃からスーパー戦隊への憧れがあったそうで「13歳の時に事務所の先輩の真野恵里菜さんに話したら『5年後くらいにできるんじゃない?』と言われて。今ちょうど18歳なので真野さんは預言者だったんじゃないかな?」と驚きながらも「こうして選んでいただいたのは奇跡とか偶然じゃなくて必然で、私にしかできない役だと自信をもって頑張りたい」と奮起していた。 今回は1975年からはじまったテレビシリーズ史上初となる「VS」という形をとって『快盗』と『警察』という絶対に交わることのない2人のレッドが率いる、2つの戦隊が1年を通して激突。稀代の大快盗アルセーヌ・ルパンが残した『ルパンコレクション』を巡って異世界の犯罪者集団『ギャングラー』と三つ巴の戦いを繰り広げる。 うまく使えば人類に幸福を、下手に使えば人類を滅ぼす『ルパンコレクション』で自らの大切な人を取り戻そうとする『快盗戦隊ルパンレンジャー』の面々。工藤演じる初美花は妹系おしゃれガール。ギャングラーの悪事によって消失した親友のため、快盗戦隊になった…という役どころ。 工藤のほかには『快盗戦隊ルパンレンジャー』からルパンレッド(夜野魁利)の伊藤あさひ、ルパンブルー(宵町透真)の濱正悟、『警察戦隊パトレンジャー』パトレン1号(朝加圭一郎)の結木滉星、パトレン2号(陽川咲也)の横山涼、パトレン3号(明神つかさ)の奥山かずさ、そして謎の執事・コグレ役の温水洋一が登壇した。

関連ニュース

関連写真

注目の情報

ニュース写真

ニュース動画